函館の老舗ラーメン店が函館駅に出店! 琥珀色の塩ラーメン”あじさい”

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、北海道は函館のラーメン店「あじさい」です。

■函駅駅のラーメン店

はるばる来ました、函館へ!
北海道は何回か来てますが、北海道新幹線で来たのは初めて。
どんな道中だったかは、夢中図書館「街あるき館」の記事をご覧いただくとして、当「ラーメン館」では、函館で食したラーメンを紹介したいと思います。

今回、強行スケジュールの合間をぬって、なんとか食らいつけたラーメン店は、JR函館駅の中にある「あじさい」です。

ラーメン通の中では、全国区なのではないかと思われる、函館の名店です。
創業80年を超える老舗ラーメン店で、本店は駅から離れた五稜郭の近くにあります。
昼にその近くを通って美味しそうだなと思いつつも、お腹いっぱいのため、やむなく断念しました。

その名店が、JR函館駅の駅舎内2階に支店を出店していました。
なんという幸運!先ほどやむなく断念した無念の思いが解きほぐれるのと同時に、いい塩梅にお腹が空いているではありませんか。

■味菜塩

さあ、いただきましょう!
あまり時間がないので、ちょい急ぎ気味で。

事前食券制です。
嬉しいことに、suicaが使えました。北海道も同じ規格で展開しているんですね。
ちなみにJR北海道の電子マネーの名前はkitaca。キャラクターはムササビです。

さて、メニューはいろいろありますが、ここは定番の味彩塩750円を選択。

店内はカウンターとテーブル席。
新しい感じがしますが、調べてみると、2016年3月にできたばかり。
おそらく北海道新幹線開業に合わせて、駅ナカのリニューアルをしたのでしょうね。

2階はちょっとした飲食ゾーンになっていて、他にも北海道料理のお店やタリーズコーヒーなんかがありました。
ちなみに1階は、一大お土産ゾーン。函館だけではなく、北海道のお土産が取り揃えられていました。

■実食です!

程なくして着丼。
目を奪われるのは透き通った塩スープ。
琥珀のような美しい色です。
北海道産の昆布をベースとして、豚骨鶏ガラと天然岩塩を使って作ったスープとのこと。

麺は特注のストレートな細麺。
固ゆでなのか、歯ごたえがあって塩スープによく合います。

具はチャーシュー、メンマ、卵、ミツバに麩。そして、たっぷりのネギ!
ネギ好きだからかもしれませんが、このネギのシャキシャキ感がたまりません。

卓上には、独自の調味料が並んでいます。
蝦夷胡椒、蝦夷ラー油、蝦夷辛味。
今回は蝦夷胡椒をかけてみました。油に浸けた胡椒なので、スプーンですくってかける不思議な体験。

ただ、これが塩スープと相性が抜群。
途中で入れて味変するのもアリですね。


いやぁ、満足満足。函館は魚介も麺も美味しい!
食が充実している街は訪れる楽しみが増します。街あるき好きには嬉しい食巡りとなりました。
今度はもっとゆっくりと訪れたいな、北海道。

ありがとう、味彩!ごちそうさまでした!

■基本情報

・店舗名:麵厨房 あじさい JR函館駅店
・住所:函館市若松町12-13 JR函館駅2階
・営業時間 AM10:00~PM7:30(LO)
・定休日 無し(年中無休)
・席数 18席

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です