濃厚なとろみスープが売りの男前なラーメン。大森「三三七」でアツアツの醤油ラーメンを食す。

今日の「夢中」は、大森にあるラーメン店「三三七」。

川崎にある人気ラーメン店「玉(ぎょく)」のセカンド・ブランドです。
よく見ると、店員さんが「gyoku」と書かれたTシャツを着ています。

ちなみに、サードブランドが「赤備」で川崎にありますが、こちらも人気のラーメン店です。
「玉」を含めて、いずれも男前なブランド名ですね。

こちらの「三三七」は、大量の鷄と煮干しを炊き出したスープが売り。
「とろりそば」なんてメニューがあるくらい、とろみのある、旨味だしがたっぷり染み出したスープが美味しい。

今回オーダーしたのは、醤油ラーメン、ほうれん草トッピング。
食券を買ってしばらくすると、湯気を揺らめかした、アツアツのラーメンが運ばれてきました。
一目見て分かる濃厚なスープと、ほうれん草とチャーシュー、そして中太麺の素敵なコントラストに食欲がそそられます。

やっぱりインパクトがあるのは濃厚なスープ。醤油の旨味が汁全体ににじみ出ている感じです。
この濃厚スープが中太麺と具によく絡みつきます。

ほうれん草トッピングは正解かも。レンゲにほうれん草を乗せて、そこに醤油スープを注ぎ込んで食すと、口の中で両者が合わさってとろけます。

濃い口のスープは茹でた野菜との相性がいいですよね。
残ったスープにご飯を入れて食べても美味しいかも。

本店「玉」はつけ麺が看板メニューということで、こちらも主力メニューです。周りは多くの人がつけ麺でしたね。
チラ見したところでは、麺が太め。スープがさらに濃厚な感じでした。今度機会があればそちらチャレンジしたいです。

濃厚な鶏と煮干しのスープは、やっぱり男前な印象。
最後の一杯までずずずっと平らげました。

ごちそうさまでした、三三七!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

唐辛子マークをきちんと数えて注文しよう!「蒙古タンメン中本」は病みつきになる辛ウマさ。タオルハンカチは必須です!

今日の「夢中」は、蒙古タンメン中本。


辛うまタンメンで有名なラーメンチェーンです。
一味唐辛子を大量に投入した真っ赤なスープと太い麺が特徴です。

一時期ブームになって大行列でしたが、最近は少し落ち着いて、しかも店舗も増えてきたこともあって、今回訪れた池袋店は並ぶことなく入れました。

食券を先に買います。
色々なメニューが並んでいて、初めてだと迷いますが、やはりポイントは辛さでしょう。
メニューごとに唐辛子🌶マークの数で表示されています。

今回は体調を考え、辛さ控えめの味噌タンメンをポチッとしました。
だいぶお腹が空いていたので、ついでにミニ麻婆丼も。

この辛さ表示、コアなファンもいる北極ラーメンなんかには唐辛子マーク🌶がいっぱい並んでいて、「初めての方はご注意ください」という注意書きが。
何度か来てますが、未だチャレンジする勇気がありません(苦笑)。

さて、しばらくして、辛さ控えめな味噌タンメンが着丼。それがこちらです。


素敵な色合いですね。
見た目の通り、辛さ控えめのこの麺でも十分にスパイシーです。

一味唐辛子の風味が鼻にツーンと来ます。
だんだん体があったまっていく感じ。後半は額の汗をタオルハンカチで拭きながら食べました。

この辛いスープだけだったら半分と持たないと思いますが、さらに箸が進むのは、たっぷりと乗った野菜の甘さがあるから。

唐辛子スープで口の中がヒリヒリしたときに、逃げ道としてキャベツやもやしといった野菜を食べると、その甘さにスープの辛さが中和されます。
むしろ、それまで「もう無理」と思っていた辛いスープをさらにすすりたくなるほど、絶妙なハーモニーを奏でます。
このハーモニーが、他の激辛ラーメンを寄せ付けない「中本」の魅力なのではないでしょうか。

ただ、今回は、この絶妙なハーモニーを乱すものがありました。
それは「ミニ麻婆丼」。
油断しました。半ライスの替わり、箸休めのつもりで注文したものの、これが辛い!
箸休めどころか、辛さで箸が止まります。野菜の逃げ道もない。

最後は、汗を拭き拭き、口の中がヒリヒリとなりながら、完食しました。
いやぁ、辛さ控えめで済ますつもりが、想定外の辛ウマを堪能しちゃいました。
でも、やっぱり「中本」だから、こーじゃないといけないですね。

皆さん、中本の北極ラーメン、ぜひチャレンジしてください!
…私は、次も辛さ控えめで。。。だって、まだまだ修行の身ですから。。。

ありがとう、蒙古タンメン中本!辛ウマでした!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

こってり豚骨の香りはブレスケア必須!一世風靡の和歌山ラーメンはここ大井町に健在。「のりや」に行く。

今回の「夢中」は、大井町の和歌山ラーメン「のりや食堂」。

街あるきで空いたお腹を満たすために、道沿いに思いがけず見つけたこの店に入りました。
一時期、一世を風靡した和歌山ラーメンですが、今やそのブームもひと段落した感じです。
たしか以前は東京駅名店街にも出店していた名店です。
そのときは行列した気がしますが、この日はすんなり。嬉しいような、悲しいような。

券売機で食券を買います。
ラーメン650円はありがたいですね。
今回はネギラーメン750円をポチッとしました。

入店した途端に、鼻に付くのは豚骨臭。
嫌いな人は嫌いかもしれませんが、個人的には俄然、食欲がわきます。

間も無く着丼。

もっとワイルドなお姿を想像していたのですが、どんぶりの装飾を含めて、意外にも可愛らしい。
量も少なめかな。大盛りでもよかったか…。

さあ、いただきます!
麺は細麺。濃厚な豚骨スープとよく絡みます。
トッピングしたネギは正解でした。アクセントが効いた感じです。
お隣りが生卵トッピングしていましたが、これも美味そう!

あっという間に平らげました。ごちそうさまでした!
久々に和歌山ラーメンを食べましたが、やっぱりコッテリ感がいいですね。
ちなみに、この豚骨臭、口内に翌日まで残りました。ブレスケアをお忘れなく。

コッテリ豚骨が売りなんだから、もっとワイルドでいいかもしれませんね。
もっと豚骨臭マシマシで、量も多めになると嬉しいかも。でもブレスケアが大変か。。。
あくまで個人的な感想ですが。

勝手な希望はともかくとして、おかげさまでお腹はふくれました。
思いがけず、懐かしの(?)和歌山ラーメンに出会えたのも嬉しい!

街あるきのエネルギーもいただきました。
ありがとう、のりや食堂!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

トンネルを抜ければ、そこに美味しい麺がある!?こってりラーメン1位の実力店「しゃがら」の醤油ラーメン。大盛、特盛がオススメ?

今回の「夢中」は、ちょっと遠征して、新潟のラーメン店「しゃがら」です。

新潟は隠れたラーメンどころ。
背脂ラーメンなんかは全国区で、東京にも進出してますね。

今回は、そんな新潟ラーメンのなかで、新潟県こってりラーメンランキングで1位を獲得という実績を持つ「しゃがら」に行ってまいりました。

場所は新潟駅のなか。出張者にはありがたいロケーションです。
遠隔地だと仕事の合間に寄れないですもんね。今回も昼休憩のわずかな時間を利用して訪れました。

先に食券を購入します。ラーメン680円。
さらに、大盛10円、特盛20円!
嬉しい料金設定です。つい大盛をポチッとしてしまいました。

店内満席でちょっと待ちましたが、程なく着席。すでに食券を渡してあったので、これまた程なくして着丼です。それがこちら。


新潟の、燕市・三条市が発祥と言われる背脂がたっぷり浮いている醤油ラーメン。
背脂効果もあってスープがアツアツ。寒い時期の新潟にはぴったり。身体があったまりますね。

スープは煮干出汁がよく効いていて、少し濃いめの味は、太めの麺とよく合います。
これなら特盛もいけた?…でも、そしたら午後は仕事ダメかな(苦笑)。

新潟に来る機会があったら、ぜひ召し上がっていただきたいラーメンですね。
できれば寒い時期がいいかも!

ちなみにこの日も、「トンネルを抜ければそこは…」の通り、越後湯沢の付近は真っ白な銀世界でした。

ほんと、トンネルを抜けると別世界。そこは、時空も超えた雪の國…。
新潟市内は雪なんてありませんが、雪国の冬を、背脂ラーメンで満喫したのでした。

ありがとう、「しゃがら」!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング