こってり豚骨の香りはブレスケア必須!一世風靡の和歌山ラーメンはここ大井町に健在。「のりや」に行く。

今回の「夢中」は、大井町の和歌山ラーメン「のりや食堂」。

街あるきで空いたお腹を満たすために、道沿いに思いがけず見つけたこの店に入りました。
一時期、一世を風靡した和歌山ラーメンですが、今やそのブームもひと段落した感じです。
たしか以前は東京駅名店街にも出店していた名店です。
そのときは行列した気がしますが、この日はすんなり。嬉しいような、悲しいような。

券売機で食券を買います。
ラーメン650円はありがたいですね。
今回はネギラーメン750円をポチッとしました。

入店した途端に、鼻に付くのは豚骨臭。
嫌いな人は嫌いかもしれませんが、個人的には俄然、食欲がわきます。

間も無く着丼。

もっとワイルドなお姿を想像していたのですが、どんぶりの装飾を含めて、意外にも可愛らしい。
量も少なめかな。大盛りでもよかったか…。

さあ、いただきます!
麺は細麺。濃厚な豚骨スープとよく絡みます。
トッピングしたネギは正解でした。アクセントが効いた感じです。
お隣りが生卵トッピングしていましたが、これも美味そう!

あっという間に平らげました。ごちそうさまでした!
久々に和歌山ラーメンを食べましたが、やっぱりコッテリ感がいいですね。
ちなみに、この豚骨臭、口内に翌日まで残りました。ブレスケアをお忘れなく。

コッテリ豚骨が売りなんだから、もっとワイルドでいいかもしれませんね。
もっと豚骨臭マシマシで、量も多めになると嬉しいかも。でもブレスケアが大変か。。。
あくまで個人的な感想ですが。

勝手な希望はともかくとして、おかげさまでお腹はふくれました。
思いがけず、懐かしの(?)和歌山ラーメンに出会えたのも嬉しい!

街あるきのエネルギーもいただきました。
ありがとう、のりや食堂!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング