腹ペコに嬉しい麺増量無料サービス。濃厚魚介豚骨スープ&モチモチ麺!いいとこ取りの「つけ麺 春樹」!

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の「夢中」は、代々木駅の近くにある、つけ麺「春樹」です。

■超まろやかで濃厚なつけ麺

看板メニューは、「超まろやかな濃厚魚介とんこつつけ麺」。

思わず唾を飲み込むキャッチフレーズです。
長年の研究の末に行き着いたというスープは、その名の通り、甘みのある魚介系とんこつスープ。

ソーダガツオやさば、煮干などを独自の配合で混ぜ込み、魚の旨みを引き出しているんだそうです。
たしかに濃厚、とろーりしていて密度が高い。

もう一つの売りはモチモチの麺。
こちらも特別に配合した小麦粉で練り上げられた、こだわりの麺。
毎朝、横浜の製麺所から届けられるというオリジナルの極太麺です。

スープにしろ、麺にしろ、つけ麺ブームのいいとこを抽出したような逸品です。

■900gまで増量無料

さて、店内は、事前食券制です。券売機でつけ麺をポチッと選択します。

さらに腹ペコなみなさんに嬉しいのが麺の増量無料サービス。
普通盛りでも350gあるのですが、大盛り550g、特盛り750g、さらには山盛り900gまで無料!
太っ腹ですね!こちらのお腹も心配になりますが。。。

さすがに山盛りは頼めませんでしたが、大盛りでも十分な量でした。
トッピングが別盛りで提供されるのも、自分のペースで具を追加できるのでいいですね。

■あなたの街にも?

この「春樹」。私が訪れたのは代々木店ですが、他にも店舗展開しているようです。
東京だけでなく、神奈川、千葉、埼玉まで。
ショッピングセンターのなかにも入っていまるようですから、利用したことがある人もいるかも。
気取ってない感じもイイですよね。
ガッツリ食べたいときはぜひ麺増量で!!

お腹にも財布にも優しいつけ麺屋さんですね。
ありがとう、春樹!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

かわいいブタの看板が目印。二郎インスパイア系のガッツリ感を堪能!ランチセットはとってもお得!横浜片倉町「ぶた麺」!

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、二郎インスパイア系のラーメン屋「ぶた麺」です。

■かわいいブタの看板が目印

場所は、横浜市営地下鉄片倉町駅から徒歩10分。
国道13号沿いにある、黄色い看板とかわいいブタのイラストが目印のラーメン店です。

ランチタイムに行くと、ランチセット700円で、ラーメンに納豆ごはんが付きます。

食券で、そのランチセットをポチっと選択。
テーブルの上に食券を置いて待つと、ふくよかなお母さんが、テキパキと麺を茹で始めます。

ご飯は、納豆ごはんか白米が選べますが、もちろん納豆ごはんで。高菜入りをお願いします。

ほどなくして着丼。

油ギッシュなスープに大量のもやし。
さらに納豆ごはんもどんぶりサイズ。
腹ペコにはたまりませんね。

ちなみに、名物の特チャーシュー麺、1000円というメニューがあって、そちらは肉ともやしが富士山のように山盛り。
ご興味のある方は、ググってみてください。

■実食です!

さて、お味の方は。。。

真っ黒なスープは、醤油の風味が効いた、濃い口の豚骨醤油スープ。表層に脂がキラキラ輝いています。
しかし野菜が多いせいか、脂はそれほど気になりません。意外にアッサリした感じ。

そして、麺はもっちりした太麺。
濃い口醤油スープと相性抜群です。
この辺のコラボは、二郎ファンには譲れないところかもしれません。

納豆ごはんは、高菜が入っているせいもあってピリ辛で、ごはんが進みます。
ただ、この二郎系ラーメンのサイドメニューとしては量が多すぎて、さすがに完食できませんでした。

隣の高校生は、ラーメン大盛りにしたうえで、ご飯も完食してました。たしかに若者向きかもね。

いやぁ、満腹&満足。
次はもっと腹ペコにして、名物の特チャーシュー麺にチャレンジしたい、そんな気持ちになる「ぶた麺」でした。

ありがとう、ぶた麺!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

店ロゴはこだわりの「ぶた」?エキナカから世界へ、みんなが楽しめるとんこつラーメンを発信!「TOKYO豚骨BASE MADE BY 一風堂」

今日の夢中は、品川駅のエキナカにある「TOKYO豚骨BASE MADE BY 一風堂」。

■みんなに喜んでいただける豚骨ラーメン

店名の最後にある通り、博多ラーメンの雄「博多一風堂」が手がけるエキナカラーメン店です。

「駅を利用するみんなに喜んで頂ける豚骨ラーメンを提供したい」という思いで誕生した、東京発の豚骨ラーメン専門店です。

駅を利用する多くの人が楽しめるように、臭みのない、あっさりとした豚骨スープがベース。
しかも、「どんな人でもどれかが好き」とうたっている通り、「白」(とんこつ)、「黒」(醤油)、「赤」(味噌)の3つの味を用意しています。

店の前の券売機で事前に購入します。今回は、プレーンなとんこつの「白」を選択。
駅という立地を考えると、良心的な680円。

麺硬めをお願いして待つことわずかで着丼。
駅という場所がら、スピードは優先度高めですね。

博多ラーメンを踏襲した細麺に、白い豚骨スープ。
具はもやしにネギ、そしてチャーシュー。
スープをすすると、やはりあっさりめ。とんこつ臭は気になりません。
これならとんこつが苦手な女子や子供でもイケるんじゃないかな。
さすが東京のエキナカ発、みんなが楽しめるラーメン。

量はちょっと少なめだったので替え玉100円を追加して完食。
スープも飲み干しました。
エキナカでこの味、このスピード、この値段は嬉しい。
さすが一風堂。豚骨のこともお客さんのニーズもよく分かってるなぁ。

■TOKYO BASEのこだわり

そういえば、一風堂の運営会社「力の源ホールディングス」って、今年の3月末にマザーズに上場したんだよね。
初日は人気で値が付かなかったみたい。
ラーメンブームは株式市場にまで及んだのでしょうか?
上場で得た資金を、より美味しいラーメンづくりに生かしてほしいですね。

ちなみに、この店名ロゴ。
「TOKYO」は、世界都市東京を、
「BASE」は、豚骨ベースのスープと発信基地のベースを意味しているそうです。
また、穴の空いたハートをかたどったようなマークは、「ぶた」をイメージしてるんだって。

この辺にも、豚骨へのこだわりとプライドが感じられますね。
ラーメンが世界の共通言語になる日も近いかもしれません。

がんばれ、一風堂!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

キャベツとチャーシューが山盛りの丼姿にうっとり。埼玉ニューシャトル高架下にオープン、進化した家系ラーメン「豚とことん」!

今日の夢中は、濃厚とんこつラーメン「豚とことん」。

埼玉県の熊谷で長年愛されてきた家系ラーメンの名店が、リニューアルして埼玉に登場です。

これまた渋いところに店を構えたものです。
場所は、埼玉新都市交通ニューシャトル、羽貫駅の高架下。

味が良ければ場所なんて関係ないんだと言わんばかりの、何もないところ(地元の方、すいません!)への出店です。

でも、もちろんラーメンの味は場所で変わるものでもなく、噂の進化系家系ラーメンはとっても満足のいく逸品でした。

ご覧ください、このどんぶりの美しさ!

注文したのはオススメの味噌ラーメン。
濃厚な豚骨味噌スープと中太麺のうえに、ドーンと盛られたもやしとキャベツ!さらにどでかいチャーシュー!

横から見るとこんな感じ。

スープは濃いめですが、大量の野菜とベストマッチです。
最初はこんなに食べれるのかと思いましたが、食べ始めたらあっという間。
ただ単に量で圧倒させるのでなく、豚骨の風味が箸を進めさせます。

チャーシューもドでかサイズだし、スープに浸して食べると美味い!
麺も家系を踏襲したモチモチ感たっぶりの中太麺で、これまた濃厚スープに合いますね。

場所は大宮からニューシャトルで約20分、羽貫駅のすぐ隣。
席数13駅というこじんまりとした店ですが、そのボリュームと味は満足感たっぷりでした。

穴場感たっぷりの濃厚豚骨ラーメンでした。
ニューシャトルに乗ってお出かけすれば、小旅行気分も味わえます。
沿線には、埼玉県最大級のバラ園「伊奈バラ園」や鉄道博物館なんかもあります。
沿線観光のついでにちょっと足を延ばしてラーメンってのもいいのでは?

ありがとう、豚とことん!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング