キラキラ輝く小麦色の麵 こだわりのつけ麺をづゅる! 目黒”づゅる麺池田”

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、目黒駅から徒歩4分「づゅる麵池田」です。

■ラーメン激戦区目黒

今日紹介するラーメン店は、JR目黒駅から権之助坂(目黒通り)を300mほど、徒歩4分のところにある、「づゅる麵池田」です。

目黒界隈では人気のつけ麵店です。
近くには美味しそうなラーメン店が数多く軒を並べています。
意外にラーメン激戦区の目黒。お洒落なイメージもありますが、庶民派ラーメン店にもやさしい街なんですね。

いろいろと悩みましたが、暑かったこともあり、つけ麵が美味しいと評判のこの店に入店しました。

■あんしん宣言

事前食券制です。
基本は、つけ麵と塩つけ麵の2品推しです。
塩つけ麵も気になるところですが、初入店と言うこともあり、基本のつけ麵830円をポチリ。
大盛70円と合わせて900円です。

カウンターのみのこじんまりとした店内。席は10席ほど。
一見すると、赤ちょうちん系の一杯飲み屋ですね。

店内には「あんしん宣言」という看板が掲げられています。

一、天然素材にこだわります。
一、余計なものは入れません。
一、国産の原材料にこだわります。
一、自家製にこだわります。
一、理想のつけ麺の音「づゅる」を探求し続けます。
店主 池田

こうしたこだわり、嫌いではありません。ラーメンづくりへの真面目な姿勢が伝わりますよね。
そしてやっぱり、店名の「づゅる」は麵をすする音だったんですね。楽しみです。

■着丼です

待つこと5分程度。こだわりのつけ麵が着丼です。

まず目を引かれるのが麵の色。
これがほんとの小麦色!茶色っぽい麵がキラキラ輝いています。
これも、天然素材、無調整、自家製にこだわっているからなのかもしれません。

麵は、つけ麺にしては細めのストレート麺。
麵の上に、レモンが載っているのも面白いですね。

スープは、魚介の香り漂う王道のつけ汁のイメージ。
ただ王道のつけ汁ほど、濃度は高くない。比較的さらさらしたスープです。

■実食です

さて、実食します。

麺を箸で目の前まですくうと、その瑞々しさが美しい。うっとり。

スープは、鶏ベースに鰹などの魚介でだしをたっぷりとった自然派の醤油スープ。
小麦色のキラキラ麺を投入すると、自然の旨みたっぷりのスープによく絡みつきます。

スープ自体は少し塩味が強い印象ですが、ちょっと硬めの麺と相性はバッチリ。

具は、キャベツ、メンマ、チャーシュー。
キャベツのシャキシャキした歯ごたえがいいアクセントになっています。

添えてあったレモンは、半分くらい進んだところで、麺に搾りかけました。
そうすると、一気にサッパリ感が向上!
終盤にかけて、さらに箸が進むこと間違いなしです。

気がつけば、「づゅる」っと音が出てました。

麺をすする音「づゅる」は、美味しさの証。
満腹&満足です。

ありがとう、づゅる麺池田!ごちそうさまでした。

■基本情報

・店名:づゅる麵池田
・住所:東京都目黒区目黒1-6-12
・アクセス:JR目黒駅 徒歩4分
・営業時間:11:30~22:30頃(スープが無くなり次第終了)、土曜定休

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

函館の老舗ラーメン店が函館駅に出店! 琥珀色の塩ラーメン”あじさい”

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、北海道は函館のラーメン店「あじさい」です。

■函駅駅のラーメン店

はるばる来ました、函館へ!
北海道は何回か来てますが、北海道新幹線で来たのは初めて。
どんな道中だったかは、夢中図書館「街あるき館」の記事をご覧いただくとして、当「ラーメン館」では、函館で食したラーメンを紹介したいと思います。

今回、強行スケジュールの合間をぬって、なんとか食らいつけたラーメン店は、JR函館駅の中にある「あじさい」です。

ラーメン通の中では、全国区なのではないかと思われる、函館の名店です。
創業80年を超える老舗ラーメン店で、本店は駅から離れた五稜郭の近くにあります。
昼にその近くを通って美味しそうだなと思いつつも、お腹いっぱいのため、やむなく断念しました。

その名店が、JR函館駅の駅舎内2階に支店を出店していました。
なんという幸運!先ほどやむなく断念した無念の思いが解きほぐれるのと同時に、いい塩梅にお腹が空いているではありませんか。

■味菜塩

さあ、いただきましょう!
あまり時間がないので、ちょい急ぎ気味で。

事前食券制です。
嬉しいことに、suicaが使えました。北海道も同じ規格で展開しているんですね。
ちなみにJR北海道の電子マネーの名前はkitaca。キャラクターはムササビです。

さて、メニューはいろいろありますが、ここは定番の味彩塩750円を選択。

店内はカウンターとテーブル席。
新しい感じがしますが、調べてみると、2016年3月にできたばかり。
おそらく北海道新幹線開業に合わせて、駅ナカのリニューアルをしたのでしょうね。

2階はちょっとした飲食ゾーンになっていて、他にも北海道料理のお店やタリーズコーヒーなんかがありました。
ちなみに1階は、一大お土産ゾーン。函館だけではなく、北海道のお土産が取り揃えられていました。

■実食です!

程なくして着丼。
目を奪われるのは透き通った塩スープ。
琥珀のような美しい色です。
北海道産の昆布をベースとして、豚骨鶏ガラと天然岩塩を使って作ったスープとのこと。

麺は特注のストレートな細麺。
固ゆでなのか、歯ごたえがあって塩スープによく合います。

具はチャーシュー、メンマ、卵、ミツバに麩。そして、たっぷりのネギ!
ネギ好きだからかもしれませんが、このネギのシャキシャキ感がたまりません。

卓上には、独自の調味料が並んでいます。
蝦夷胡椒、蝦夷ラー油、蝦夷辛味。
今回は蝦夷胡椒をかけてみました。油に浸けた胡椒なので、スプーンですくってかける不思議な体験。

ただ、これが塩スープと相性が抜群。
途中で入れて味変するのもアリですね。


いやぁ、満足満足。函館は魚介も麺も美味しい!
食が充実している街は訪れる楽しみが増します。街あるき好きには嬉しい食巡りとなりました。
今度はもっとゆっくりと訪れたいな、北海道。

ありがとう、味彩!ごちそうさまでした!

■基本情報

・店舗名:麵厨房 あじさい JR函館駅店
・住所:函館市若松町12-13 JR函館駅2階
・営業時間 AM10:00~PM7:30(LO)
・定休日 無し(年中無休)
・席数 18席

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

夢と脂,麺もマシマシ⁉︎白山駅に登場,二郎系「ラーメン荘 夢を語れ」

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、白山駅近く「ラーメン荘 夢を語れ」。

■1kgまで増量可

なんとも情熱的な名前のラーメン屋ですね。
青春の香りが漂う感じ。

実際に客層を見ても、若い人が多いです。
それもそうですよね。
いわゆる「二郎インスパイア系」。ガッツリ系のラーメンです。

事前食券制です。
初めての店なので、ノーマルのラーメン750円を選びました。

普通盛りで300gと結構な量なのですが、プラス100円で1kgまで増量できるそう。
すいませんが、最近、暴飲暴食気味なので、普通盛りで。

なお、他の二郎系と同様、野菜、ニンニク、脂を無料で増量できます。
ここは、「辛い脂」というのがあり、これを頼みました。
いかにも体に悪そう、つまりおいしそう(苦笑)。
ここは、健康を気にせず、本能のおもむくままに、「辛い脂をください!」。

■実食です!

ほどなくして着丼。
圧倒されるボリューム感。普通盛りにして良かった。

早速いただきます。
一口スープをすすったとたん、口の中に広がる二郎の香り。
濃い醤油とこってり背脂。

麺も二郎本流のモチモチの太麺。
濃いめスープに合います。

こんもりと積み上げられた野菜を崩しながら、スープと麺を交互にいただきます。

そして、途中で「辛い脂」を投入。
別皿で出るんですね。

見るからに旨そうです。
神さま、今日ちょっぴり体に悪いものを採りますことをお許しください。

…と、お許しを得たということで(?)、辛い脂を投入すると、ラーメンが味変。辛さと一緒に濃度も増した感じです。
さすがは若者向けの二郎インスパイア系。「夢」と脂があります。

ちなみに、二郎って、野菜をマシマシにすると、麺にたどり着くまで野菜ばっかり食べることになって、いっぱいいっぱいになる事ありませんか?
そんな時に、途中でこの辛い脂を投入すると、野菜も一気に進むような感じがしました。
辛い脂の容器に直接、浸けて食べてもいいかも。

■店長はスポーツマン

もともとは京都の店。
関西に二郎系ラーメンを広めたラーメン店として関西を中心に店舗網を広げています。
その店が満を辞しての東京進出です。

店長も元気で親切。感じがいいスポーツマンです。
なんでも元横浜ベイスターズの選手だとか。
ボストンでラーメン作りの修行をして、2016年11月に、この地で念願のラーメン店を開業しました。

「ラーメン荘 夢を語れ」。
たくさんの夢が詰まったラーメンですね!
さすがに麺1kgはきついけど。。。(苦笑)。

ありがとう、ラーメン荘 夢を語れ!「夢を語る」0円です!

■基本情報
・店名:ラーメン荘 夢を語れ 白山店
・住所:東京都文京区白山5-36-14
・アクセス:白山駅A1出口から徒歩1分
・営業時間:月~土、11:30~14:00、17:30~21:30

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

赤坂の麺処、自慢のあごだしスープはまさに芳醇。赤坂「友」。

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、赤坂のラーメン店「赤坂麺処 友」です。

■「友」の看板

場所は東京メトロ赤坂駅からほど近いところ。
駅から歩いて店に向かうと、「友」の文字がデカデカと書かれた看板が目に入ります。

のれんをくぐると、カウンター14席のみのこじんまりとした店内。食券制です。

メニューですが、基本は3品。
芳醇あごだし醤油ラーメン、濃厚鶏塩ラーメン、そしてつけ麺です。

今回は芳醇あごだし醤油ラーメン760円に、ネギのトッピング100円を注文しました。
「あご」とはトビウオのことで、あごの煮干しからは、スッキリした甘みと独特な旨みのあるダシが取れるといいます。
海面を勢いよく飛ぶ姿からして、身が引き締まっていて、いいダシが取れるんでしょうね。

■実食です!

そんな芳醇あごだし醤油ラーメンがこちらです。
きれいですね。醤油ラーメンって、この色合いが食欲をそそりますよね。

さて、自慢のあごだしスープをすすります。
その味は、まさに「芳醇」。あごの旨味が十分に絞り出されたような魚介系の風味。
さっぱりした口当たりで、魚介の香りそのものを楽しめるスープです。

中太の麺も、そのスープに絡んで、おいしくいただけます。

面白いのは、麺についてくるオリジナル調味料。
注文する麺によって違うみたい。
鶏塩だと、茎わさび醤油漬け、つけ麺だと、りんごとゆずの特製ビネガー。
そして、このあごだし醤油ラーメンには、自家製ラー油が付いてきます。

食して中盤で、その自家製ラー油を投入です。
意外に辛い。味が変わるので要注意ですね。
もとのスープの風味を楽しみたい人は、そんなに入れなくていいかも。
一杯で2度楽しみたい人にはオススメです。

■赤坂麺処

すぐ近くには、有名店「九州じゃんがら」もあります。
赤坂ってなかなか来る機会がないけど、こんな美味しいラーメン屋があるんだって、率直に驚きました。

次は、濃厚鶏塩ラーメンもチャレンジしてみたい。
トッピングの茎わさび漬けも気になりますね。

今回は、趣味で進めている東京十社巡りで来ましたが、近くには山王日枝神社という、山王祭りや神猿で有名なパワースポットがあります。
参拝の際、この「友」でお腹を満たすのもいいかもしれませんね。

いつかまた訪れたいと思います。
ありがとう、赤坂麺処「友」!

【店舗情報】
・住所:港区赤坂2-13-13 オレンジビル1F
・営業時間:[月~金]11:00~16:00、18:00~4:00
[土日祝]11:00~21:00

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング