函館の老舗ラーメン店が函館駅に出店! 琥珀色の塩ラーメン”あじさい”

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、北海道は函館のラーメン店「あじさい」です。

■函駅駅のラーメン店

はるばる来ました、函館へ!
北海道は何回か来てますが、北海道新幹線で来たのは初めて。
どんな道中だったかは、夢中図書館「街あるき館」の記事をご覧いただくとして、当「ラーメン館」では、函館で食したラーメンを紹介したいと思います。

今回、強行スケジュールの合間をぬって、なんとか食らいつけたラーメン店は、JR函館駅の中にある「あじさい」です。

ラーメン通の中では、全国区なのではないかと思われる、函館の名店です。
創業80年を超える老舗ラーメン店で、本店は駅から離れた五稜郭の近くにあります。
昼にその近くを通って美味しそうだなと思いつつも、お腹いっぱいのため、やむなく断念しました。

その名店が、JR函館駅の駅舎内2階に支店を出店していました。
なんという幸運!先ほどやむなく断念した無念の思いが解きほぐれるのと同時に、いい塩梅にお腹が空いているではありませんか。

■味菜塩

さあ、いただきましょう!
あまり時間がないので、ちょい急ぎ気味で。

事前食券制です。
嬉しいことに、suicaが使えました。北海道も同じ規格で展開しているんですね。
ちなみにJR北海道の電子マネーの名前はkitaca。キャラクターはムササビです。

さて、メニューはいろいろありますが、ここは定番の味彩塩750円を選択。

店内はカウンターとテーブル席。
新しい感じがしますが、調べてみると、2016年3月にできたばかり。
おそらく北海道新幹線開業に合わせて、駅ナカのリニューアルをしたのでしょうね。

2階はちょっとした飲食ゾーンになっていて、他にも北海道料理のお店やタリーズコーヒーなんかがありました。
ちなみに1階は、一大お土産ゾーン。函館だけではなく、北海道のお土産が取り揃えられていました。

■実食です!

程なくして着丼。
目を奪われるのは透き通った塩スープ。
琥珀のような美しい色です。
北海道産の昆布をベースとして、豚骨鶏ガラと天然岩塩を使って作ったスープとのこと。

麺は特注のストレートな細麺。
固ゆでなのか、歯ごたえがあって塩スープによく合います。

具はチャーシュー、メンマ、卵、ミツバに麩。そして、たっぷりのネギ!
ネギ好きだからかもしれませんが、このネギのシャキシャキ感がたまりません。

卓上には、独自の調味料が並んでいます。
蝦夷胡椒、蝦夷ラー油、蝦夷辛味。
今回は蝦夷胡椒をかけてみました。油に浸けた胡椒なので、スプーンですくってかける不思議な体験。

ただ、これが塩スープと相性が抜群。
途中で入れて味変するのもアリですね。


いやぁ、満足満足。函館は魚介も麺も美味しい!
食が充実している街は訪れる楽しみが増します。街あるき好きには嬉しい食巡りとなりました。
今度はもっとゆっくりと訪れたいな、北海道。

ありがとう、味彩!ごちそうさまでした!

■基本情報

・店舗名:麵厨房 あじさい JR函館駅店
・住所:函館市若松町12-13 JR函館駅2階
・営業時間 AM10:00~PM7:30(LO)
・定休日 無し(年中無休)
・席数 18席

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

キャベツとチャーシューが山盛りの丼姿にうっとり。埼玉ニューシャトル高架下にオープン、進化した家系ラーメン「豚とことん」!

今日の夢中は、濃厚とんこつラーメン「豚とことん」。

埼玉県の熊谷で長年愛されてきた家系ラーメンの名店が、リニューアルして埼玉に登場です。

これまた渋いところに店を構えたものです。
場所は、埼玉新都市交通ニューシャトル、羽貫駅の高架下。

味が良ければ場所なんて関係ないんだと言わんばかりの、何もないところ(地元の方、すいません!)への出店です。

でも、もちろんラーメンの味は場所で変わるものでもなく、噂の進化系家系ラーメンはとっても満足のいく逸品でした。

ご覧ください、このどんぶりの美しさ!

注文したのはオススメの味噌ラーメン。
濃厚な豚骨味噌スープと中太麺のうえに、ドーンと盛られたもやしとキャベツ!さらにどでかいチャーシュー!

横から見るとこんな感じ。

スープは濃いめですが、大量の野菜とベストマッチです。
最初はこんなに食べれるのかと思いましたが、食べ始めたらあっという間。
ただ単に量で圧倒させるのでなく、豚骨の風味が箸を進めさせます。

チャーシューもドでかサイズだし、スープに浸して食べると美味い!
麺も家系を踏襲したモチモチ感たっぶりの中太麺で、これまた濃厚スープに合いますね。

場所は大宮からニューシャトルで約20分、羽貫駅のすぐ隣。
席数13駅というこじんまりとした店ですが、そのボリュームと味は満足感たっぷりでした。

穴場感たっぷりの濃厚豚骨ラーメンでした。
ニューシャトルに乗ってお出かけすれば、小旅行気分も味わえます。
沿線には、埼玉県最大級のバラ園「伊奈バラ園」や鉄道博物館なんかもあります。
沿線観光のついでにちょっと足を延ばしてラーメンってのもいいのでは?

ありがとう、豚とことん!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

トンネルを抜ければ、そこに美味しい麺がある!?こってりラーメン1位の実力店「しゃがら」の醤油ラーメン。大盛、特盛がオススメ?

今回の「夢中」は、ちょっと遠征して、新潟のラーメン店「しゃがら」です。

新潟は隠れたラーメンどころ。
背脂ラーメンなんかは全国区で、東京にも進出してますね。

今回は、そんな新潟ラーメンのなかで、新潟県こってりラーメンランキングで1位を獲得という実績を持つ「しゃがら」に行ってまいりました。

場所は新潟駅のなか。出張者にはありがたいロケーションです。
遠隔地だと仕事の合間に寄れないですもんね。今回も昼休憩のわずかな時間を利用して訪れました。

先に食券を購入します。ラーメン680円。
さらに、大盛10円、特盛20円!
嬉しい料金設定です。つい大盛をポチッとしてしまいました。

店内満席でちょっと待ちましたが、程なく着席。すでに食券を渡してあったので、これまた程なくして着丼です。それがこちら。


新潟の、燕市・三条市が発祥と言われる背脂がたっぷり浮いている醤油ラーメン。
背脂効果もあってスープがアツアツ。寒い時期の新潟にはぴったり。身体があったまりますね。

スープは煮干出汁がよく効いていて、少し濃いめの味は、太めの麺とよく合います。
これなら特盛もいけた?…でも、そしたら午後は仕事ダメかな(苦笑)。

新潟に来る機会があったら、ぜひ召し上がっていただきたいラーメンですね。
できれば寒い時期がいいかも!

ちなみにこの日も、「トンネルを抜ければそこは…」の通り、越後湯沢の付近は真っ白な銀世界でした。

ほんと、トンネルを抜けると別世界。そこは、時空も超えた雪の國…。
新潟市内は雪なんてありませんが、雪国の冬を、背脂ラーメンで満喫したのでした。

ありがとう、「しゃがら」!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

Ⅴ3おめでとう、浜松餃子!隠れた餃子王国、浜松の心温まる絶品餃子。もやしも気遣いもイイ。中華料理店「五味八珍」。Remastered!

今日何気なくテレビを見ていたら、こんなニュースが飛び込んできました。
「餃子購入額 浜松が宇都宮をおさえ、3年連続日本一!」

総務省の家計調査で、2016年の世帯当たりの餃子購入額を集計した結果、
浜松市が4818円で、宇都宮市の4651円を上回る餃子記録(?)を達成したとのこと。

おめでとうございます!浜松餃子!
惜しかったですね、宇都宮餃子。。。

それにしても、餃子といえば、宇都宮という印象でしたが、
あらためて浜松市の強さを実感しました。

でも、それもこれも、浜松餃子が美味しいからこその快挙なんですよね!

ということで、浜松餃子V3を記念して、
昨年末に、はじめて浜松餃子を食べたときのブログ記事を再アップします。

あらためまして、おめでとう、浜松餃子!!
↓以下は以前の投稿記事です。確かに浜松餃子は美味かった!

熱海駅直結の「ラスカ熱海」3階にオープンした中華料理店「五味八珍」。
看板料理は「浜松餃子」。

IMG_2473

餃子というと、宇都宮を思い浮かべるけど、浜松も負けず劣らずの餃子王国。
なんと、1世帯あたりの餃子消費量では、2014年、2015年と、宇都宮を抑えて、
浜松が日本一になっています。

その日本一の「浜松餃子」に初挑戦!
そーか、熱海って、静岡でした。一応、地元グルメなんだね。

注文したのは、浜松餃子にラーメン、白米のセット。それに生ビール!
男子にとって最強の組み合わせ。シナジーがありすぎる!

IMG_2480

さて、本日の主役である浜松餃子ですが、ひとくちほお張ると、
肉汁がジュワーッと口のなかにひろがります。

あれ?なんか甘い。どうやら、玉ねぎとキャベツが効いているみたい。
さらに、浜松餃子の特徴という、つけ合わせの茹でたもやしがイイ。
これと一緒に食べると、箸が止まりません。あっという間に平らげてしまいました。

ちなみに、宇都宮餃子との違いは、具材に使う野菜(宇都宮は白菜、浜松はキャベツと玉ねぎ)と、つけ合わせのもやしにあるそう。
うーむ。甲乙つけがたいですね。

餃子が先行してしまったせいで、ラーメンは少しのびちゃいました。
餃子とビールの後に、ラーメンを注文すればよかったか!と少し後悔しました。(でもそうするとビールおかわりしちゃいそう。)

ちなみに、メニューにはこんな記述が。

「お子さんは散らかすことの名人です。私たちも幼いころはそうでした。テーブルの上や周りの汚れ等を一切お気になさらないでください。私共店のものがかたづけます。私共の店にいらしたときぐらいゆっくり召し上がってください。お母さん! 五味八珍接客係一同」

素敵な気遣いですね。接客もとても気持ちよかったです。

決して何か特別な餃子ではないものの、懐かしく感じるような、そして心温まるような、そんな餃子でした。
ありがとう、浜松餃子!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

実は日本一の浜松餃子!もやしも気遣いもイイ。中華料理店「五味八珍」。

熱海駅直結の「ラスカ熱海」3階にオープンした中華料理店「五味八珍」。
看板料理は「浜松餃子」。

IMG_2473

餃子というと、宇都宮を思い浮かべるけど、浜松も負けず劣らずの餃子王国。
なんと、1世帯あたりの餃子消費量では、2014年、2015年と、宇都宮を抑えて、浜松が日本一になっています。

その日本一の「浜松餃子」に初挑戦!
そーか、熱海って、静岡でした。一応、地元グルメなんだね。

注文したのは、浜松餃子にラーメン、白米のセット。それに生ビール!
男子にとって最強の組み合わせ。シナジーがありすぎる!

IMG_2480

さて、本日の主役である浜松餃子ですが、ひとくちほお張ると、肉汁がジュワーッと口のなかにひろがります。
あれ?なんか甘い。どうやら、玉ねぎとキャベツが効いているみたい。
さらに、浜松餃子の特徴という、つけ合わせの茹でたもやしがイイ。
これと一緒に食べると、箸が止まりません。あっという間に平らげてしまいました。

ちなみに、宇都宮餃子との違いは、具材に使う野菜(宇都宮は白菜、浜松はキャベツと玉ねぎ)と、つけ合わせのもやしにあるそう。
うーむ。甲乙つけがたいですね。

餃子が先行してしまったせいで、ラーメンは少しのびちゃいました。
餃子とビールの後に、ラーメンを注文すればよかったか!と少し後悔しました。(でもそうするとビールおかわりしちゃいそう。)

ちなみに、メニューにはこんな記述が。

「お子さんは散らかすことの名人です。私たちも幼いころはそうでした。テーブルの上や周りの汚れ等を一切お気になさらないでください。私共店のものがかたづけます。私共の店にいらしたときぐらいゆっくり召し上がってください。お母さん! 五味八珍接客係一同」

素敵な気遣いですね。接客もとても気持ちよかったです。

決して何か特別な餃子ではないものの、懐かしく感じるような、そして心温まるような、そんな餃子でした。
ありがとう、浜松餃子!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング