店ロゴはこだわりの「ぶた」?エキナカから世界へ、みんなが楽しめるとんこつラーメンを発信!「TOKYO豚骨BASE MADE BY 一風堂」

今日の夢中は、品川駅のエキナカにある「TOKYO豚骨BASE MADE BY 一風堂」。

■みんなに喜んでいただける豚骨ラーメン

店名の最後にある通り、博多ラーメンの雄「博多一風堂」が手がけるエキナカラーメン店です。

「駅を利用するみんなに喜んで頂ける豚骨ラーメンを提供したい」という思いで誕生した、東京発の豚骨ラーメン専門店です。

駅を利用する多くの人が楽しめるように、臭みのない、あっさりとした豚骨スープがベース。
しかも、「どんな人でもどれかが好き」とうたっている通り、「白」(とんこつ)、「黒」(醤油)、「赤」(味噌)の3つの味を用意しています。

店の前の券売機で事前に購入します。今回は、プレーンなとんこつの「白」を選択。
駅という立地を考えると、良心的な680円。

麺硬めをお願いして待つことわずかで着丼。
駅という場所がら、スピードは優先度高めですね。

博多ラーメンを踏襲した細麺に、白い豚骨スープ。
具はもやしにネギ、そしてチャーシュー。
スープをすすると、やはりあっさりめ。とんこつ臭は気になりません。
これならとんこつが苦手な女子や子供でもイケるんじゃないかな。
さすが東京のエキナカ発、みんなが楽しめるラーメン。

量はちょっと少なめだったので替え玉100円を追加して完食。
スープも飲み干しました。
エキナカでこの味、このスピード、この値段は嬉しい。
さすが一風堂。豚骨のこともお客さんのニーズもよく分かってるなぁ。

■TOKYO BASEのこだわり

そういえば、一風堂の運営会社「力の源ホールディングス」って、今年の3月末にマザーズに上場したんだよね。
初日は人気で値が付かなかったみたい。
ラーメンブームは株式市場にまで及んだのでしょうか?
上場で得た資金を、より美味しいラーメンづくりに生かしてほしいですね。

ちなみに、この店名ロゴ。
「TOKYO」は、世界都市東京を、
「BASE」は、豚骨ベースのスープと発信基地のベースを意味しているそうです。
また、穴の空いたハートをかたどったようなマークは、「ぶた」をイメージしてるんだって。

この辺にも、豚骨へのこだわりとプライドが感じられますね。
ラーメンが世界の共通言語になる日も近いかもしれません。

がんばれ、一風堂!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

濃厚なとろみスープが売りの男前なラーメン。大森「三三七」でアツアツの醤油ラーメンを食す。

今日の「夢中」は、大森にあるラーメン店「三三七」。

川崎にある人気ラーメン店「玉(ぎょく)」のセカンド・ブランドです。
よく見ると、店員さんが「gyoku」と書かれたTシャツを着ています。

ちなみに、サードブランドが「赤備」で川崎にありますが、こちらも人気のラーメン店です。
「玉」を含めて、いずれも男前なブランド名ですね。

こちらの「三三七」は、大量の鷄と煮干しを炊き出したスープが売り。
「とろりそば」なんてメニューがあるくらい、とろみのある、旨味だしがたっぷり染み出したスープが美味しい。

今回オーダーしたのは、醤油ラーメン、ほうれん草トッピング。
食券を買ってしばらくすると、湯気を揺らめかした、アツアツのラーメンが運ばれてきました。
一目見て分かる濃厚なスープと、ほうれん草とチャーシュー、そして中太麺の素敵なコントラストに食欲がそそられます。

やっぱりインパクトがあるのは濃厚なスープ。醤油の旨味が汁全体ににじみ出ている感じです。
この濃厚スープが中太麺と具によく絡みつきます。

ほうれん草トッピングは正解かも。レンゲにほうれん草を乗せて、そこに醤油スープを注ぎ込んで食すと、口の中で両者が合わさってとろけます。

濃い口のスープは茹でた野菜との相性がいいですよね。
残ったスープにご飯を入れて食べても美味しいかも。

本店「玉」はつけ麺が看板メニューということで、こちらも主力メニューです。周りは多くの人がつけ麺でしたね。
チラ見したところでは、麺が太め。スープがさらに濃厚な感じでした。今度機会があればそちらチャレンジしたいです。

濃厚な鶏と煮干しのスープは、やっぱり男前な印象。
最後の一杯までずずずっと平らげました。

ごちそうさまでした、三三七!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

唐辛子マークをきちんと数えて注文しよう!「蒙古タンメン中本」は病みつきになる辛ウマさ。タオルハンカチは必須です!

今日の「夢中」は、蒙古タンメン中本。


辛うまタンメンで有名なラーメンチェーンです。
一味唐辛子を大量に投入した真っ赤なスープと太い麺が特徴です。

一時期ブームになって大行列でしたが、最近は少し落ち着いて、しかも店舗も増えてきたこともあって、今回訪れた池袋店は並ぶことなく入れました。

食券を先に買います。
色々なメニューが並んでいて、初めてだと迷いますが、やはりポイントは辛さでしょう。
メニューごとに唐辛子🌶マークの数で表示されています。

今回は体調を考え、辛さ控えめの味噌タンメンをポチッとしました。
だいぶお腹が空いていたので、ついでにミニ麻婆丼も。

この辛さ表示、コアなファンもいる北極ラーメンなんかには唐辛子マーク🌶がいっぱい並んでいて、「初めての方はご注意ください」という注意書きが。
何度か来てますが、未だチャレンジする勇気がありません(苦笑)。

さて、しばらくして、辛さ控えめな味噌タンメンが着丼。それがこちらです。


素敵な色合いですね。
見た目の通り、辛さ控えめのこの麺でも十分にスパイシーです。

一味唐辛子の風味が鼻にツーンと来ます。
だんだん体があったまっていく感じ。後半は額の汗をタオルハンカチで拭きながら食べました。

この辛いスープだけだったら半分と持たないと思いますが、さらに箸が進むのは、たっぷりと乗った野菜の甘さがあるから。

唐辛子スープで口の中がヒリヒリしたときに、逃げ道としてキャベツやもやしといった野菜を食べると、その甘さにスープの辛さが中和されます。
むしろ、それまで「もう無理」と思っていた辛いスープをさらにすすりたくなるほど、絶妙なハーモニーを奏でます。
このハーモニーが、他の激辛ラーメンを寄せ付けない「中本」の魅力なのではないでしょうか。

ただ、今回は、この絶妙なハーモニーを乱すものがありました。
それは「ミニ麻婆丼」。
油断しました。半ライスの替わり、箸休めのつもりで注文したものの、これが辛い!
箸休めどころか、辛さで箸が止まります。野菜の逃げ道もない。

最後は、汗を拭き拭き、口の中がヒリヒリとなりながら、完食しました。
いやぁ、辛さ控えめで済ますつもりが、想定外の辛ウマを堪能しちゃいました。
でも、やっぱり「中本」だから、こーじゃないといけないですね。

皆さん、中本の北極ラーメン、ぜひチャレンジしてください!
…私は、次も辛さ控えめで。。。だって、まだまだ修行の身ですから。。。

ありがとう、蒙古タンメン中本!辛ウマでした!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

こってり豚骨の香りはブレスケア必須!一世風靡の和歌山ラーメンはここ大井町に健在。「のりや」に行く。

今回の「夢中」は、大井町の和歌山ラーメン「のりや食堂」。

街あるきで空いたお腹を満たすために、道沿いに思いがけず見つけたこの店に入りました。
一時期、一世を風靡した和歌山ラーメンですが、今やそのブームもひと段落した感じです。
たしか以前は東京駅名店街にも出店していた名店です。
そのときは行列した気がしますが、この日はすんなり。嬉しいような、悲しいような。

券売機で食券を買います。
ラーメン650円はありがたいですね。
今回はネギラーメン750円をポチッとしました。

入店した途端に、鼻に付くのは豚骨臭。
嫌いな人は嫌いかもしれませんが、個人的には俄然、食欲がわきます。

間も無く着丼。

もっとワイルドなお姿を想像していたのですが、どんぶりの装飾を含めて、意外にも可愛らしい。
量も少なめかな。大盛りでもよかったか…。

さあ、いただきます!
麺は細麺。濃厚な豚骨スープとよく絡みます。
トッピングしたネギは正解でした。アクセントが効いた感じです。
お隣りが生卵トッピングしていましたが、これも美味そう!

あっという間に平らげました。ごちそうさまでした!
久々に和歌山ラーメンを食べましたが、やっぱりコッテリ感がいいですね。
ちなみに、この豚骨臭、口内に翌日まで残りました。ブレスケアをお忘れなく。

コッテリ豚骨が売りなんだから、もっとワイルドでいいかもしれませんね。
もっと豚骨臭マシマシで、量も多めになると嬉しいかも。でもブレスケアが大変か。。。
あくまで個人的な感想ですが。

勝手な希望はともかくとして、おかげさまでお腹はふくれました。
思いがけず、懐かしの(?)和歌山ラーメンに出会えたのも嬉しい!

街あるきのエネルギーもいただきました。
ありがとう、のりや食堂!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

東京駅のすぐ隣「東京じゃんがら」は毎日忙しいあなたの味方。替え玉、バリカタ一丁!

今日の「夢中」は、東京駅そばの「東京じゃんがら 丸の内店」。

東京駅から歩いて2分。都心のど真ん中、新幹線と中央線の高架下にあります。

東京駅という交通の結節点にあるのは嬉しいですね。
今回も、仕事と仕事の合間のわずかな時間で訪れました。

注文したのは、定番の「九州じゃんがら」680円。
食券を買って店員さんに渡すと、5分ほどで着丼。この速さも都心では嬉しいですね。

さてお味の方は。。。
豚骨ですが、割とあっさりしています。臭みもなく、飲みやすいスープです。
女性もイケる「ソフト豚骨」と言えるかもしれません。

具は、チャーシューにメンマ、キクラゲ、青ネギ。麺は細麺。この辺は九州ラーメンの王道ですね。

量は少し少なめなので、替え玉しました。一玉150円也!

本格的な豚骨ラーメンを期待すると物足りないかもしれませんが、
都心でこんな有名店のラーメンを、仕事の合間の少しの時間で食べれるのは嬉しいです。

慌ただしく働く(遊ぶ)皆さんへ。東京駅で食べられる「じゃんがら」ラーメン。オススメです!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

「東京のソウルフード」油そば。タレと麺を混ぜて絡めて…でも意外にヘルシー?「武蔵野アブラ学会」の油そばを食す。

武蔵野アブラ学会。
なんとも仰々しい店名ですが、簡単に言うと、東京は武蔵野地方を起源とする油そばの専門店です。

油そばは、ファンからは「東京のソウルフード」とまで評されるほど、東京では店の数が増えました。

汁のないラーメンですね。
汁の代わりに、醤油ベースの濃いめのタレが丼の底にたまっていて、それを麺に絡めて食べます。
ラー油や酢などの調味料をお好みでかけます。
マヨネーズなんかをたっぷりかける人も(この店は置いてません)。

ジャンキーな印象から分かる通り、やはり学生の間で人気があります。

「武蔵野」を冠していますが、亜細亜大学やら一橋大学やらのある武蔵野エリアが発祥と言われ、この「武蔵野アブラ学会」もその流れを引いているそう。

ちなみに本店は、早稲田にあり、同大学の学生らで賑わう人気店です。
今回、訪問したのは、その代々木店。
席は満席でしたが、長蛇の行列とまではなっていませんでした。

さてさて、その「東京のソウルフード」油そばは、こちら。

はじめて見る人はギョッとするかも。
こんもりと積み上げられた太麺に、チャーシュー、海苔、野菜などが無造作にトッピングされています。

タレは丼の底。
ラー油と酢をかけて、ぐりぐりとかき混ぜます。

好き嫌いは分かれると思いますが、個人的にはアリですかね。
ラーメンにつけ麺、油そばと、麺好きにとって選択肢が広がるのは、ありがたいことです。

ちなみに、「油そば」という名前から、体に悪そうな印象もありますが、実はラーメンよりもヘルシー。
スープがないから、塩分もカロリーも控えめなんですって。

でも、ついつい大盛りにしちゃうから、胴回りには悪いですよね。
いつも食べてから反省する自分なのでした。。。

ごちそうさまでした、武蔵野アブラ学会!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

寒い日は北海道らーめんがオススメ。ねぎトッピングで魅惑のフォルムの札幌みそ!王子駅近くの「北海道らーめん みそ熊」。

今回の「夢中」は、王子駅そばの「北海道らーめん みそ熊」です。

「北海道らーめん」と銘打っている通り、基本の3品は、北海道の地名入り。
みそは「札幌みそ」、醤油は「旭川醤油」、塩は「函館塩」。
他に辛みそや激辛みそがあります。

今回は、看板メニューの「札幌みそ」をねぎトッピングでいただきます。
大盛りが無料なので、ダメと知りながら、大盛りにしてしまいました。

それがこちら!ドーン!
もやしが丼からはみ出してます。なかなかのボリュームです。

さてお味ですが。。。
スープは味噌の味たっぷりの濃い口。使っている味噌のせいか、少し甘めのみそ味です。

これに中太麺がよく合います。
王道の札幌みそらーめんと言えるのではないでしょうか。
野菜もたっぷりだし、コスパ良いですね。

卓上には、おろしにんにくと揚げネギが置いてあって、お好みで味変も可能。

私は、途中で揚げネギを大量投入したら、独特の風味が増して、箸が進みました。
単にねぎ好きだからかもしれませんが。。。

ちなみに、横から見るとこんな感じ。
野菜とネギがこんもり。ステキなフォルムですね。

ということで、今回は、王子駅近くの「北海道らーめん みそ熊」を紹介しました。
お近くに行った際は、一度お試しください。
店員さんのサービスも良くて、気持ちよく食べれますよ。

ごちそうさまでした、みそ熊!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

北海道の旭川ラーメン店が東京初出店。こだわりの麺と味はその日の気分で選べます。「北海道ラーメン 鷹の爪」に行く。

今日の「夢中」は、代々木にあるラーメンの新店、北海道ラーメン「鷹の爪」です。

場所は代々木駅と新宿駅の真ん中くらい。新宿高島屋の裏手にその店はあります。
北海道は旭川に本店のあるラーメン店の東京初出店です。

この場所、前は違うラーメン屋でしたが、いつの間にか変わってました。新宿エリアは激戦区だからね。

まずは、券売機で食券を買います。

いきなり画面に出るのは「ご希望の麺をお選びください」というメッセージ。
麺の種類を選べるみたいですね。しっかりコシのある「低加水麺」ともちもちの「中加水麺」。

あまり見ない選択肢ですよね。こだわりを感じます。
次に選ぶのはお味。醤油と味噌と塩の3種類から選べます。
ちなみに、醤油は「龍の雫」、味噌は「龍の極」、塩は「白龍」って言うみたい。

今回は、なんとなく定番っぽい、「中加水麺」の「醤油」を頼みました。

2016年6月オープンとのことで、店内はまだ真新しい感じ。テーブルも卓上調味料もきれいでイイ感じです。

しばらくして、やってきました醤油ラーメン、中加水麺。
見た感じは濃いめの醤油スープに、黄色い中太麺。
それにネギとキクラゲ、メンマにノリ。でっかいチャーシューが丼にへばりついています。

さっそく食します。
見た感じ濃いめの醤油スープは、しっかりしたコクのある魚介系の風味。好みの味です。
そして麺は、中加水麺の売り文句どおりの、もちもちした食感。濃いめのスープによく合います。

途中で食卓の七味を少し振りかけながらも、一気に完食。
スープも残さず全部いただきました。美味しかったです!

新宿・代々木エリアはラーメン激戦区ですが、意外に北海道ラーメンって少ないように思います。
できれば生き残ってほしいラーメン屋です。

次は何を頼もうかな。低加水麺ってどんなんだろう?味噌も美味しそうだし、「白龍」って名前の塩もいいよな。。。
選ぶ楽しみもイイですね。

ごちそうさまでした、「龍の爪」!!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

秘伝の魚醤が生み出す黒いスープは、富山の風味がいっぱい。富山ブラックラーメン「麺屋いろは」に行く。

今日の「夢中」は、富山ブラックラーメンの店「麺屋いろは」。
秋葉原駅前の「ヨドバシAkiba」の8階にあります。

ラーメン好きとして、富山ブラックラーメンは、今まで気になっていながら、食べるチャンスがありませんでした。
偶然、秋葉原に店舗を発見して、いざ入店です。

まずは店の外にある券売機で食券を買います。

ラーメンは、醤油ベースの「富山ブラックラーメン」のほか、塩味の「白えび塩ラーメン」と味噌味の「四川激辛味噌拉麺」があります。
どれも美味しそうですが、初めてなので看板メニューである富山ブラックを選びました。白ネギをトッピングです。

「麺屋いろは」は、ラーメンイベント「東京ラーメンショー」で5回の優勝経験を持つ、富山県の人気店です。
この味が秋葉原でいただけるのは嬉しいですね。

さあ、いよいよ着丼です。
やっぱりスープが黒い!濃厚な醤油の香りです。
加えて、結構、黒胡椒もかかってます。

相当塩っ辛いのを覚悟して、スープをすすると、おや?意外にしょっぱくない。むしろ魚系のコクが口の中に広がります。

なんで?
どうも、長い年月をかけて熟成された魚醤ってのが秘訣みたい。

麺屋いろはでは、独自に開発した、旨み成分を多く含みながらも塩分を控えめにした超濃厚な魚醤を、創業以来、注ぎ足しながら、いまに受け継いでいるそう。
これが、他では真似できない秘伝の黒醤油となっているのですね。

これに丸鶏の動物系スープと国産カタクチイワシの煮干の魚介系スープのWスープが加わって、深いコクを出しています。

麺は中太のストレート麺。
富山湾の海洋深層水で練っているというこだわりぶりです。
モチモチした食感がこれまたイイ。

さすがはラーメンショーV5の実力店。
あっという間に平らげました。

黒いスープを通じて、富山のいろんな風味が運ばれてくる、そんな旅情も感じさせるラーメンでした。

ごちそうさまでした、富山ブラック!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

「鬼油」は要注意!背脂と煮干スープは極太麺と相性バッチリ。「らーめん潤」、燕三条から届けられた一麺入魂の味。

蒲田駅近くにある「らーめん潤」に行ってきました〜。

ここは、新潟県は燕市に本店があるラーメン店。のれんには「一麺入魂」の力強い文字が刻まれています。

ラーメン通の人は、「燕三条ラーメン」で分かるでしょう。
その特徴は、たっぷりの背脂と魚介・煮干の醤油スープ。
背脂の量は何も言わなければ標準(それでも多い)ですが、ガッツリいきたい人は、標準の4倍の鬼油まで選べます。

私は、背脂は標準、無料で玉ねぎを多めにしてもらいました。
中華そば760円。それがこちらです。

やはり、その背脂の量に圧倒されます。
丼の脇に背脂がはじけ飛んでます。
隣のお兄さんが「鬼油」を注文していたので、見てみたら、麺が背脂に埋もれていました。

クリスマス・シーズンだったので、生クリームが麺にのっかっているかと見紛うほどでした。

トッピングも特徴的ですね。
玉ねぎとチャーシュー、メンマ、そして岩のりです。
「岩のりラーメン」という人気メニューがあるように、岩のりは、ファンが多いトッピングです。

提供された時はパリパリの乾燥のりですが、これをスープに浸すと、コシのある岩のりに早変わり。
濃厚なスープとの相性も抜群です。

そして、もう一つの特徴が極太麺。
高度成長期の燕市の工場に大量の出前を届けるために、のびにくく、腹持ちの良い極太麺がつくられたそうです。

また、背脂も、出前でスープが冷めないようにこんもりと盛られたという説もあるそう。諸説アリ!

もちもちした麺が濃厚な魚介スープに絡んで最高です。
それに岩のりの風味と歯ごたえが加わり、遠く新潟の燕三条に思いを馳せます。

これはうまい!新潟やるな〜。お酒も美味しいしね。なんか行きたくなっちゃいました。
ごちそうさまでした、らーめん潤!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング