店ロゴはこだわりの「ぶた」?エキナカから世界へ、みんなが楽しめるとんこつラーメンを発信!「TOKYO豚骨BASE MADE BY 一風堂」

今日の夢中は、品川駅のエキナカにある「TOKYO豚骨BASE MADE BY 一風堂」。

■みんなに喜んでいただける豚骨ラーメン

店名の最後にある通り、博多ラーメンの雄「博多一風堂」が手がけるエキナカラーメン店です。

「駅を利用するみんなに喜んで頂ける豚骨ラーメンを提供したい」という思いで誕生した、東京発の豚骨ラーメン専門店です。

駅を利用する多くの人が楽しめるように、臭みのない、あっさりとした豚骨スープがベース。
しかも、「どんな人でもどれかが好き」とうたっている通り、「白」(とんこつ)、「黒」(醤油)、「赤」(味噌)の3つの味を用意しています。

店の前の券売機で事前に購入します。今回は、プレーンなとんこつの「白」を選択。
駅という立地を考えると、良心的な680円。

麺硬めをお願いして待つことわずかで着丼。
駅という場所がら、スピードは優先度高めですね。

博多ラーメンを踏襲した細麺に、白い豚骨スープ。
具はもやしにネギ、そしてチャーシュー。
スープをすすると、やはりあっさりめ。とんこつ臭は気になりません。
これならとんこつが苦手な女子や子供でもイケるんじゃないかな。
さすが東京のエキナカ発、みんなが楽しめるラーメン。

量はちょっと少なめだったので替え玉100円を追加して完食。
スープも飲み干しました。
エキナカでこの味、このスピード、この値段は嬉しい。
さすが一風堂。豚骨のこともお客さんのニーズもよく分かってるなぁ。

■TOKYO BASEのこだわり

そういえば、一風堂の運営会社「力の源ホールディングス」って、今年の3月末にマザーズに上場したんだよね。
初日は人気で値が付かなかったみたい。
ラーメンブームは株式市場にまで及んだのでしょうか?
上場で得た資金を、より美味しいラーメンづくりに生かしてほしいですね。

ちなみに、この店名ロゴ。
「TOKYO」は、世界都市東京を、
「BASE」は、豚骨ベースのスープと発信基地のベースを意味しているそうです。
また、穴の空いたハートをかたどったようなマークは、「ぶた」をイメージしてるんだって。

この辺にも、豚骨へのこだわりとプライドが感じられますね。
ラーメンが世界の共通言語になる日も近いかもしれません。

がんばれ、一風堂!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

キャベツとチャーシューが山盛りの丼姿にうっとり。埼玉ニューシャトル高架下にオープン、進化した家系ラーメン「豚とことん」!

今日の夢中は、濃厚とんこつラーメン「豚とことん」。

埼玉県の熊谷で長年愛されてきた家系ラーメンの名店が、リニューアルして埼玉に登場です。

これまた渋いところに店を構えたものです。
場所は、埼玉新都市交通ニューシャトル、羽貫駅の高架下。

味が良ければ場所なんて関係ないんだと言わんばかりの、何もないところ(地元の方、すいません!)への出店です。

でも、もちろんラーメンの味は場所で変わるものでもなく、噂の進化系家系ラーメンはとっても満足のいく逸品でした。

ご覧ください、このどんぶりの美しさ!

注文したのはオススメの味噌ラーメン。
濃厚な豚骨味噌スープと中太麺のうえに、ドーンと盛られたもやしとキャベツ!さらにどでかいチャーシュー!

横から見るとこんな感じ。

スープは濃いめですが、大量の野菜とベストマッチです。
最初はこんなに食べれるのかと思いましたが、食べ始めたらあっという間。
ただ単に量で圧倒させるのでなく、豚骨の風味が箸を進めさせます。

チャーシューもドでかサイズだし、スープに浸して食べると美味い!
麺も家系を踏襲したモチモチ感たっぶりの中太麺で、これまた濃厚スープに合いますね。

場所は大宮からニューシャトルで約20分、羽貫駅のすぐ隣。
席数13駅というこじんまりとした店ですが、そのボリュームと味は満足感たっぷりでした。

穴場感たっぷりの濃厚豚骨ラーメンでした。
ニューシャトルに乗ってお出かけすれば、小旅行気分も味わえます。
沿線には、埼玉県最大級のバラ園「伊奈バラ園」や鉄道博物館なんかもあります。
沿線観光のついでにちょっと足を延ばしてラーメンってのもいいのでは?

ありがとう、豚とことん!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

濃厚なとろみスープが売りの男前なラーメン。大森「三三七」でアツアツの醤油ラーメンを食す。

今日の「夢中」は、大森にあるラーメン店「三三七」。

川崎にある人気ラーメン店「玉(ぎょく)」のセカンド・ブランドです。
よく見ると、店員さんが「gyoku」と書かれたTシャツを着ています。

ちなみに、サードブランドが「赤備」で川崎にありますが、こちらも人気のラーメン店です。
「玉」を含めて、いずれも男前なブランド名ですね。

こちらの「三三七」は、大量の鷄と煮干しを炊き出したスープが売り。
「とろりそば」なんてメニューがあるくらい、とろみのある、旨味だしがたっぷり染み出したスープが美味しい。

今回オーダーしたのは、醤油ラーメン、ほうれん草トッピング。
食券を買ってしばらくすると、湯気を揺らめかした、アツアツのラーメンが運ばれてきました。
一目見て分かる濃厚なスープと、ほうれん草とチャーシュー、そして中太麺の素敵なコントラストに食欲がそそられます。

やっぱりインパクトがあるのは濃厚なスープ。醤油の旨味が汁全体ににじみ出ている感じです。
この濃厚スープが中太麺と具によく絡みつきます。

ほうれん草トッピングは正解かも。レンゲにほうれん草を乗せて、そこに醤油スープを注ぎ込んで食すと、口の中で両者が合わさってとろけます。

濃い口のスープは茹でた野菜との相性がいいですよね。
残ったスープにご飯を入れて食べても美味しいかも。

本店「玉」はつけ麺が看板メニューということで、こちらも主力メニューです。周りは多くの人がつけ麺でしたね。
チラ見したところでは、麺が太め。スープがさらに濃厚な感じでした。今度機会があればそちらチャレンジしたいです。

濃厚な鶏と煮干しのスープは、やっぱり男前な印象。
最後の一杯までずずずっと平らげました。

ごちそうさまでした、三三七!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング