「東京のソウルフード」油そば。タレと麺を混ぜて絡めて…でも意外にヘルシー?「武蔵野アブラ学会」の油そばを食す。

武蔵野アブラ学会。
なんとも仰々しい店名ですが、簡単に言うと、東京は武蔵野地方を起源とする油そばの専門店です。

油そばは、ファンからは「東京のソウルフード」とまで評されるほど、東京では店の数が増えました。

汁のないラーメンですね。
汁の代わりに、醤油ベースの濃いめのタレが丼の底にたまっていて、それを麺に絡めて食べます。
ラー油や酢などの調味料をお好みでかけます。
マヨネーズなんかをたっぷりかける人も(この店は置いてません)。

ジャンキーな印象から分かる通り、やはり学生の間で人気があります。

「武蔵野」を冠していますが、亜細亜大学やら一橋大学やらのある武蔵野エリアが発祥と言われ、この「武蔵野アブラ学会」もその流れを引いているそう。

ちなみに本店は、早稲田にあり、同大学の学生らで賑わう人気店です。
今回、訪問したのは、その代々木店。
席は満席でしたが、長蛇の行列とまではなっていませんでした。

さてさて、その「東京のソウルフード」油そばは、こちら。

はじめて見る人はギョッとするかも。
こんもりと積み上げられた太麺に、チャーシュー、海苔、野菜などが無造作にトッピングされています。

タレは丼の底。
ラー油と酢をかけて、ぐりぐりとかき混ぜます。

好き嫌いは分かれると思いますが、個人的にはアリですかね。
ラーメンにつけ麺、油そばと、麺好きにとって選択肢が広がるのは、ありがたいことです。

ちなみに、「油そば」という名前から、体に悪そうな印象もありますが、実はラーメンよりもヘルシー。
スープがないから、塩分もカロリーも控えめなんですって。

でも、ついつい大盛りにしちゃうから、胴回りには悪いですよね。
いつも食べてから反省する自分なのでした。。。

ごちそうさまでした、武蔵野アブラ学会!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

寒い日は北海道らーめんがオススメ。ねぎトッピングで魅惑のフォルムの札幌みそ!王子駅近くの「北海道らーめん みそ熊」。

今回の「夢中」は、王子駅そばの「北海道らーめん みそ熊」です。

「北海道らーめん」と銘打っている通り、基本の3品は、北海道の地名入り。
みそは「札幌みそ」、醤油は「旭川醤油」、塩は「函館塩」。
他に辛みそや激辛みそがあります。

今回は、看板メニューの「札幌みそ」をねぎトッピングでいただきます。
大盛りが無料なので、ダメと知りながら、大盛りにしてしまいました。

それがこちら!ドーン!
もやしが丼からはみ出してます。なかなかのボリュームです。

さてお味ですが。。。
スープは味噌の味たっぷりの濃い口。使っている味噌のせいか、少し甘めのみそ味です。

これに中太麺がよく合います。
王道の札幌みそらーめんと言えるのではないでしょうか。
野菜もたっぷりだし、コスパ良いですね。

卓上には、おろしにんにくと揚げネギが置いてあって、お好みで味変も可能。

私は、途中で揚げネギを大量投入したら、独特の風味が増して、箸が進みました。
単にねぎ好きだからかもしれませんが。。。

ちなみに、横から見るとこんな感じ。
野菜とネギがこんもり。ステキなフォルムですね。

ということで、今回は、王子駅近くの「北海道らーめん みそ熊」を紹介しました。
お近くに行った際は、一度お試しください。
店員さんのサービスも良くて、気持ちよく食べれますよ。

ごちそうさまでした、みそ熊!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

家系ラーメンの元祖直系の味!強面男衆が精魂込めてつくる至高のラーメン!家系ラーメン「杉田屋」に行く。

今回の「夢中」は、横浜の新杉田駅の近く、家系ラーメンの「杉田家」です。

実はここ杉田は、家系ラーメンの聖地。
家系ラーメン元祖の吉村家が、横浜に店を移転する前は、この杉田に店を構えてました。

その店を受け継いだのが、この「杉田家」。
元祖の味を受け継いでいる直系の店ということになります。

この日は夜遅かったのですが、店の前に行列ができていました。
券売機で食券を買ってから、行列の後ろに並びます。

10分ほどして入店。
厨房には、タオル鉢巻をした男衆が、厳しい顔(地顔か?)でラーメンをこしらえています。

ちょうど、わたしの席の前では、寸胴からガラを取り上げる作業をしてました。
こりゃあ、相当な力仕事だわ。。。
このガラから、家系特有の濃い豚骨エキスが絞り出されるわけですね。

と、待っておりましたら、注文していた中盛りラーメンが届きました。

醤油豚骨のいい香りが鼻をつきます。
元祖直系に相応しい、家系ラーメンの基本のお姿。
太めの麺に、チャーシュー、ほうれん草、海苔。そして濃厚な豚骨スープ。

この日は特に寒かったので、温かいスープが、胃にしみ入ります。

「直系」というブランドに偽りはない!
家系本来の醤油の旨味、豚骨のコク。モチモチした麺の食感を楽しめます。

個人的には、ほうれん草と海苔も好き。濃厚なスープにマッチするんですよね。
海苔なんか、スープに少し浸して味を染み込ませると最高!麺が進みます。

あっという間の完食でした。
さすがは家系ラーメン。食後の満腹感は半端ありません。
同時に、また脂と塩分をたっぷり取っちゃったっていう罪悪感も?

気にしない気にしない。美味しいものは、心に効きます。
ほんと、仕事の疲れが取れた感じの帰り道となりました。

ありがとう、元祖直系の味、杉田家さん!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

Ⅴ3おめでとう、浜松餃子!隠れた餃子王国、浜松の心温まる絶品餃子。もやしも気遣いもイイ。中華料理店「五味八珍」。Remastered!

今日何気なくテレビを見ていたら、こんなニュースが飛び込んできました。
「餃子購入額 浜松が宇都宮をおさえ、3年連続日本一!」

総務省の家計調査で、2016年の世帯当たりの餃子購入額を集計した結果、
浜松市が4818円で、宇都宮市の4651円を上回る餃子記録(?)を達成したとのこと。

おめでとうございます!浜松餃子!
惜しかったですね、宇都宮餃子。。。

それにしても、餃子といえば、宇都宮という印象でしたが、
あらためて浜松市の強さを実感しました。

でも、それもこれも、浜松餃子が美味しいからこその快挙なんですよね!

ということで、浜松餃子V3を記念して、
昨年末に、はじめて浜松餃子を食べたときのブログ記事を再アップします。

あらためまして、おめでとう、浜松餃子!!
↓以下は以前の投稿記事です。確かに浜松餃子は美味かった!

熱海駅直結の「ラスカ熱海」3階にオープンした中華料理店「五味八珍」。
看板料理は「浜松餃子」。

IMG_2473

餃子というと、宇都宮を思い浮かべるけど、浜松も負けず劣らずの餃子王国。
なんと、1世帯あたりの餃子消費量では、2014年、2015年と、宇都宮を抑えて、
浜松が日本一になっています。

その日本一の「浜松餃子」に初挑戦!
そーか、熱海って、静岡でした。一応、地元グルメなんだね。

注文したのは、浜松餃子にラーメン、白米のセット。それに生ビール!
男子にとって最強の組み合わせ。シナジーがありすぎる!

IMG_2480

さて、本日の主役である浜松餃子ですが、ひとくちほお張ると、
肉汁がジュワーッと口のなかにひろがります。

あれ?なんか甘い。どうやら、玉ねぎとキャベツが効いているみたい。
さらに、浜松餃子の特徴という、つけ合わせの茹でたもやしがイイ。
これと一緒に食べると、箸が止まりません。あっという間に平らげてしまいました。

ちなみに、宇都宮餃子との違いは、具材に使う野菜(宇都宮は白菜、浜松はキャベツと玉ねぎ)と、つけ合わせのもやしにあるそう。
うーむ。甲乙つけがたいですね。

餃子が先行してしまったせいで、ラーメンは少しのびちゃいました。
餃子とビールの後に、ラーメンを注文すればよかったか!と少し後悔しました。(でもそうするとビールおかわりしちゃいそう。)

ちなみに、メニューにはこんな記述が。

「お子さんは散らかすことの名人です。私たちも幼いころはそうでした。テーブルの上や周りの汚れ等を一切お気になさらないでください。私共店のものがかたづけます。私共の店にいらしたときぐらいゆっくり召し上がってください。お母さん! 五味八珍接客係一同」

素敵な気遣いですね。接客もとても気持ちよかったです。

決して何か特別な餃子ではないものの、懐かしく感じるような、そして心温まるような、そんな餃子でした。
ありがとう、浜松餃子!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

北海道の旭川ラーメン店が東京初出店。こだわりの麺と味はその日の気分で選べます。「北海道ラーメン 鷹の爪」に行く。

今日の「夢中」は、代々木にあるラーメンの新店、北海道ラーメン「鷹の爪」です。

場所は代々木駅と新宿駅の真ん中くらい。新宿高島屋の裏手にその店はあります。
北海道は旭川に本店のあるラーメン店の東京初出店です。

この場所、前は違うラーメン屋でしたが、いつの間にか変わってました。新宿エリアは激戦区だからね。

まずは、券売機で食券を買います。

いきなり画面に出るのは「ご希望の麺をお選びください」というメッセージ。
麺の種類を選べるみたいですね。しっかりコシのある「低加水麺」ともちもちの「中加水麺」。

あまり見ない選択肢ですよね。こだわりを感じます。
次に選ぶのはお味。醤油と味噌と塩の3種類から選べます。
ちなみに、醤油は「龍の雫」、味噌は「龍の極」、塩は「白龍」って言うみたい。

今回は、なんとなく定番っぽい、「中加水麺」の「醤油」を頼みました。

2016年6月オープンとのことで、店内はまだ真新しい感じ。テーブルも卓上調味料もきれいでイイ感じです。

しばらくして、やってきました醤油ラーメン、中加水麺。
見た感じは濃いめの醤油スープに、黄色い中太麺。
それにネギとキクラゲ、メンマにノリ。でっかいチャーシューが丼にへばりついています。

さっそく食します。
見た感じ濃いめの醤油スープは、しっかりしたコクのある魚介系の風味。好みの味です。
そして麺は、中加水麺の売り文句どおりの、もちもちした食感。濃いめのスープによく合います。

途中で食卓の七味を少し振りかけながらも、一気に完食。
スープも残さず全部いただきました。美味しかったです!

新宿・代々木エリアはラーメン激戦区ですが、意外に北海道ラーメンって少ないように思います。
できれば生き残ってほしいラーメン屋です。

次は何を頼もうかな。低加水麺ってどんなんだろう?味噌も美味しそうだし、「白龍」って名前の塩もいいよな。。。
選ぶ楽しみもイイですね。

ごちそうさまでした、「龍の爪」!!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

サザエさん一家も大満足!?の王道の醤油ラーメン。「らーめんくじら軒」横浜本店に行く。

今日の「夢中」は、「らーめんくじら軒」横浜本店です。

以前は、長い行列のできるラーメン店でしたが、ようやく落ち着いてきたようです。
だいぶ前にチャレンジしようとして、行列にくじけたラーメン店。念願かなって初入店です!

ちょうど正午前後に訪問しましたが、もう行列はできていませんでした。
それでも店内はほぼ満席。近所の人が多い印象です。あるべきラーメン屋の姿に戻りましたね。
前はちょっと異常でした。なんか近づきがたい雰囲気もありましたから。

さて、何年か越しの念願のラーメンです。
券売機でラーメンを頼みます。750円也!良心的な値段ですね。
ラーメンは、薄口醬油味と濃口醤油味があります。今回は濃口を選びました。

店内には醤油の良い香りがしています。
ほどなくして着丼。早いっ!

目の前に届けられたラーメンは、まさに王道のお姿。
黄金色の醤油スープに、まっすぐな細麺。
その上にチャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔にナルト。
なんかサザエさん以来の、日本国民が愛するラーメンのかたちです。

さてそのお味ですが。。。
そのスープをすすって納得。魚介系のだしに、揚げた玉ねぎが隠し味になって、あっさりながらも旨味がにじみ出るスープに仕上がっています。
そのスープに細麺がよく合います。途中でちょっと胡椒をふりかけると、さらに香ばしさが増して、一気に平らげてしまいました。
これならサザエさん一家も大満足の一品でしょう!

世の中、とんがったラーメンが出ていますが、このくじら軒のラーメンは、古き良き日本のラーメンを突き詰めた感じ。
サザエさんもカツオも波平さんも、老若男女を問わず、楽しめるラーメンではないでしょうか。
行列にイライラさせられることなく食べられるのもいいですね。

また行きたいと思います。ごちそうさまでした、くじら軒!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

秘伝の魚醤が生み出す黒いスープは、富山の風味がいっぱい。富山ブラックラーメン「麺屋いろは」に行く。

今日の「夢中」は、富山ブラックラーメンの店「麺屋いろは」。
秋葉原駅前の「ヨドバシAkiba」の8階にあります。

ラーメン好きとして、富山ブラックラーメンは、今まで気になっていながら、食べるチャンスがありませんでした。
偶然、秋葉原に店舗を発見して、いざ入店です。

まずは店の外にある券売機で食券を買います。

ラーメンは、醤油ベースの「富山ブラックラーメン」のほか、塩味の「白えび塩ラーメン」と味噌味の「四川激辛味噌拉麺」があります。
どれも美味しそうですが、初めてなので看板メニューである富山ブラックを選びました。白ネギをトッピングです。

「麺屋いろは」は、ラーメンイベント「東京ラーメンショー」で5回の優勝経験を持つ、富山県の人気店です。
この味が秋葉原でいただけるのは嬉しいですね。

さあ、いよいよ着丼です。
やっぱりスープが黒い!濃厚な醤油の香りです。
加えて、結構、黒胡椒もかかってます。

相当塩っ辛いのを覚悟して、スープをすすると、おや?意外にしょっぱくない。むしろ魚系のコクが口の中に広がります。

なんで?
どうも、長い年月をかけて熟成された魚醤ってのが秘訣みたい。

麺屋いろはでは、独自に開発した、旨み成分を多く含みながらも塩分を控えめにした超濃厚な魚醤を、創業以来、注ぎ足しながら、いまに受け継いでいるそう。
これが、他では真似できない秘伝の黒醤油となっているのですね。

これに丸鶏の動物系スープと国産カタクチイワシの煮干の魚介系スープのWスープが加わって、深いコクを出しています。

麺は中太のストレート麺。
富山湾の海洋深層水で練っているというこだわりぶりです。
モチモチした食感がこれまたイイ。

さすがはラーメンショーV5の実力店。
あっという間に平らげました。

黒いスープを通じて、富山のいろんな風味が運ばれてくる、そんな旅情も感じさせるラーメンでした。

ごちそうさまでした、富山ブラック!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

「鬼油」は要注意!背脂と煮干スープは極太麺と相性バッチリ。「らーめん潤」、燕三条から届けられた一麺入魂の味。

蒲田駅近くにある「らーめん潤」に行ってきました〜。

ここは、新潟県は燕市に本店があるラーメン店。のれんには「一麺入魂」の力強い文字が刻まれています。

ラーメン通の人は、「燕三条ラーメン」で分かるでしょう。
その特徴は、たっぷりの背脂と魚介・煮干の醤油スープ。
背脂の量は何も言わなければ標準(それでも多い)ですが、ガッツリいきたい人は、標準の4倍の鬼油まで選べます。

私は、背脂は標準、無料で玉ねぎを多めにしてもらいました。
中華そば760円。それがこちらです。

やはり、その背脂の量に圧倒されます。
丼の脇に背脂がはじけ飛んでます。
隣のお兄さんが「鬼油」を注文していたので、見てみたら、麺が背脂に埋もれていました。

クリスマス・シーズンだったので、生クリームが麺にのっかっているかと見紛うほどでした。

トッピングも特徴的ですね。
玉ねぎとチャーシュー、メンマ、そして岩のりです。
「岩のりラーメン」という人気メニューがあるように、岩のりは、ファンが多いトッピングです。

提供された時はパリパリの乾燥のりですが、これをスープに浸すと、コシのある岩のりに早変わり。
濃厚なスープとの相性も抜群です。

そして、もう一つの特徴が極太麺。
高度成長期の燕市の工場に大量の出前を届けるために、のびにくく、腹持ちの良い極太麺がつくられたそうです。

また、背脂も、出前でスープが冷めないようにこんもりと盛られたという説もあるそう。諸説アリ!

もちもちした麺が濃厚な魚介スープに絡んで最高です。
それに岩のりの風味と歯ごたえが加わり、遠く新潟の燕三条に思いを馳せます。

これはうまい!新潟やるな〜。お酒も美味しいしね。なんか行きたくなっちゃいました。
ごちそうさまでした、らーめん潤!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

泡立つ濃厚スープ!新宿御苑近くに漂うトンコツ臭に引き寄せられて…。「博多一端亭」で食す本格豚骨ラーメン!

今日の「夢中」は、とんこつラーメン「博多一端亭」。
「いっすいてい」と読むらしい。新宿御苑前駅のすぐ近くにあります。

店の外まで漂うトンコツの香り。思わず引き寄せられました。

食券を買って着席。12時前のせいか、結構広めの店内ですが、お客さんはまばら。

ノーマルの豚骨ラーメン、750円を頼みました。

ほどなく着丼。
すぐに濃厚なトンコツ臭が鼻に来ます。

スープの周りの泡立ちがいい感じですね。
採れたて、しぼりたてと言わんばかりです。

その味は濃厚だけどマイルド。いろんな素材を煮込んだのか、トンコツ・ポタージュとでも言うように、クリーミーでドロンとした飲み口です。

麺はストレートな細麺。これが濃厚なスープによく絡みます。
美味しくて、つい替え玉してしまいました。

16年4月のオープンの新店です。
今回はノーマルの豚骨ラーメン750円を食べました。替え玉は150円。
本格的な博多トンコツラーメン店と言っていいでしょう。

テーブルには辛子高菜と白生姜の壺。そして生にんにく。
私は、替え玉の時に、ドバーッと辛子高菜を入れました。
※写真は遠近法の錯覚。壺にはまだ一杯残ってますからご安心を。

それでも濃厚なトンコツスープは負けないんです。
最後まで美味しくいただきました。

ごちそうさまでした、一端亭!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

らーめんもお客さんも綺麗!?新宿ルミネにオープンしたラーメン店「AFURI」に行く。

今日の「夢中」は、ラーメン店「AFURI新宿店」です。

恵比寿、中目黒などに店を構えるラーメンの人気店「AFURI」が、激戦区の新宿に進出。
2016年11月、ルミネ1のB2にオープンしました!

ルミネという場所柄なのか、女子が多い。しかも可愛い女子率が高い気がする。
そんな女子にも人気なラーメンがこちら。人気の「柚子塩ラーメン」 です。

透き通る黄金色のスープ。ひとくちすすると、口のなかに柚子の香りがジュワーッと広がります。
ちなみに、「鶏油」の量を選べます。「鶏油」はスープにコクとまろやかさを添える油だそうです

通常量の「淡麗」と少し多めの「まろ味」を選べますが、今回は「まろ味」にしてみました。

麺は、北海道産小麦「春よ恋」を使用した、全粒粉入りの小麦麺。 麺をよく見ると、茶色のつぶつぶが見えます。これが全粒粉なのかしら?
全粒粉は普通の小麦より、植物繊維や鉄分、ビタミンB1などの栄養素が多く含まれます。このヘルシーさが女子に人気の理由の一つなのでしょう。

トッピングはチャーシュー、味玉、メンマに水菜。
チャーシューは注文を受けてから炭火で炙るそうです。香ばしくて美味しい!

店名のAFURIは、神奈川県丹沢山系の東端に位置する大山(通称・阿夫利山)に由来。
この阿夫利山の麓から湧き出る清らな天然水でスープを仕込んでいることから名づけたそうです。

そんなこだわりのゆえか、自慢のスープは、あっさりしながらもコクがあって後を引きます。
絶品です。ぐいっと飲み干しました。

これならルミネや女子との相性はいいでしょうね。
女子も安心して食べられる爽やかなラーメン店「AFURI」。
ぜひお試しあれ。

ちなみにお値段は980円。ちょっと高めだけど、こだわりのプレミアムなのかな。
ごちそうさまでした、AFURI。また行きます!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング