秘伝の魚醤が生み出す黒いスープは、富山の風味がいっぱい。富山ブラックラーメン「麺屋いろは」に行く。

今日の「夢中」は、富山ブラックラーメンの店「麺屋いろは」。
秋葉原駅前の「ヨドバシAkiba」の8階にあります。

ラーメン好きとして、富山ブラックラーメンは、今まで気になっていながら、食べるチャンスがありませんでした。
偶然、秋葉原に店舗を発見して、いざ入店です。

まずは店の外にある券売機で食券を買います。

ラーメンは、醤油ベースの「富山ブラックラーメン」のほか、塩味の「白えび塩ラーメン」と味噌味の「四川激辛味噌拉麺」があります。
どれも美味しそうですが、初めてなので看板メニューである富山ブラックを選びました。白ネギをトッピングです。

「麺屋いろは」は、ラーメンイベント「東京ラーメンショー」で5回の優勝経験を持つ、富山県の人気店です。
この味が秋葉原でいただけるのは嬉しいですね。

さあ、いよいよ着丼です。
やっぱりスープが黒い!濃厚な醤油の香りです。
加えて、結構、黒胡椒もかかってます。

相当塩っ辛いのを覚悟して、スープをすすると、おや?意外にしょっぱくない。むしろ魚系のコクが口の中に広がります。

なんで?
どうも、長い年月をかけて熟成された魚醤ってのが秘訣みたい。

麺屋いろはでは、独自に開発した、旨み成分を多く含みながらも塩分を控えめにした超濃厚な魚醤を、創業以来、注ぎ足しながら、いまに受け継いでいるそう。
これが、他では真似できない秘伝の黒醤油となっているのですね。

これに丸鶏の動物系スープと国産カタクチイワシの煮干の魚介系スープのWスープが加わって、深いコクを出しています。

麺は中太のストレート麺。
富山湾の海洋深層水で練っているというこだわりぶりです。
モチモチした食感がこれまたイイ。

さすがはラーメンショーV5の実力店。
あっという間に平らげました。

黒いスープを通じて、富山のいろんな風味が運ばれてくる、そんな旅情も感じさせるラーメンでした。

ごちそうさまでした、富山ブラック!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

「鬼油」は要注意!背脂と煮干スープは極太麺と相性バッチリ。「らーめん潤」、燕三条から届けられた一麺入魂の味。

蒲田駅近くにある「らーめん潤」に行ってきました〜。

ここは、新潟県は燕市に本店があるラーメン店。のれんには「一麺入魂」の力強い文字が刻まれています。

ラーメン通の人は、「燕三条ラーメン」で分かるでしょう。
その特徴は、たっぷりの背脂と魚介・煮干の醤油スープ。
背脂の量は何も言わなければ標準(それでも多い)ですが、ガッツリいきたい人は、標準の4倍の鬼油まで選べます。

私は、背脂は標準、無料で玉ねぎを多めにしてもらいました。
中華そば760円。それがこちらです。

やはり、その背脂の量に圧倒されます。
丼の脇に背脂がはじけ飛んでます。
隣のお兄さんが「鬼油」を注文していたので、見てみたら、麺が背脂に埋もれていました。

クリスマス・シーズンだったので、生クリームが麺にのっかっているかと見紛うほどでした。

トッピングも特徴的ですね。
玉ねぎとチャーシュー、メンマ、そして岩のりです。
「岩のりラーメン」という人気メニューがあるように、岩のりは、ファンが多いトッピングです。

提供された時はパリパリの乾燥のりですが、これをスープに浸すと、コシのある岩のりに早変わり。
濃厚なスープとの相性も抜群です。

そして、もう一つの特徴が極太麺。
高度成長期の燕市の工場に大量の出前を届けるために、のびにくく、腹持ちの良い極太麺がつくられたそうです。

また、背脂も、出前でスープが冷めないようにこんもりと盛られたという説もあるそう。諸説アリ!

もちもちした麺が濃厚な魚介スープに絡んで最高です。
それに岩のりの風味と歯ごたえが加わり、遠く新潟の燕三条に思いを馳せます。

これはうまい!新潟やるな〜。お酒も美味しいしね。なんか行きたくなっちゃいました。
ごちそうさまでした、らーめん潤!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

泡立つ濃厚スープ!新宿御苑近くに漂うトンコツ臭に引き寄せられて…。「博多一端亭」で食す本格豚骨ラーメン!

今日の「夢中」は、とんこつラーメン「博多一端亭」。
「いっすいてい」と読むらしい。新宿御苑前駅のすぐ近くにあります。

店の外まで漂うトンコツの香り。思わず引き寄せられました。

食券を買って着席。12時前のせいか、結構広めの店内ですが、お客さんはまばら。

ノーマルの豚骨ラーメン、750円を頼みました。

ほどなく着丼。
すぐに濃厚なトンコツ臭が鼻に来ます。

スープの周りの泡立ちがいい感じですね。
採れたて、しぼりたてと言わんばかりです。

その味は濃厚だけどマイルド。いろんな素材を煮込んだのか、トンコツ・ポタージュとでも言うように、クリーミーでドロンとした飲み口です。

麺はストレートな細麺。これが濃厚なスープによく絡みます。
美味しくて、つい替え玉してしまいました。

16年4月のオープンの新店です。
今回はノーマルの豚骨ラーメン750円を食べました。替え玉は150円。
本格的な博多トンコツラーメン店と言っていいでしょう。

テーブルには辛子高菜と白生姜の壺。そして生にんにく。
私は、替え玉の時に、ドバーッと辛子高菜を入れました。
※写真は遠近法の錯覚。壺にはまだ一杯残ってますからご安心を。

それでも濃厚なトンコツスープは負けないんです。
最後まで美味しくいただきました。

ごちそうさまでした、一端亭!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

らーめんもお客さんも綺麗!?新宿ルミネにオープンしたラーメン店「AFURI」に行く。

今日の「夢中」は、ラーメン店「AFURI新宿店」です。

恵比寿、中目黒などに店を構えるラーメンの人気店「AFURI」が、激戦区の新宿に進出。
2016年11月、ルミネ1のB2にオープンしました!

ルミネという場所柄なのか、女子が多い。しかも可愛い女子率が高い気がする。
そんな女子にも人気なラーメンがこちら。人気の「柚子塩ラーメン」 です。

透き通る黄金色のスープ。ひとくちすすると、口のなかに柚子の香りがジュワーッと広がります。
ちなみに、「鶏油」の量を選べます。「鶏油」はスープにコクとまろやかさを添える油だそうです

通常量の「淡麗」と少し多めの「まろ味」を選べますが、今回は「まろ味」にしてみました。

麺は、北海道産小麦「春よ恋」を使用した、全粒粉入りの小麦麺。 麺をよく見ると、茶色のつぶつぶが見えます。これが全粒粉なのかしら?
全粒粉は普通の小麦より、植物繊維や鉄分、ビタミンB1などの栄養素が多く含まれます。このヘルシーさが女子に人気の理由の一つなのでしょう。

トッピングはチャーシュー、味玉、メンマに水菜。
チャーシューは注文を受けてから炭火で炙るそうです。香ばしくて美味しい!

店名のAFURIは、神奈川県丹沢山系の東端に位置する大山(通称・阿夫利山)に由来。
この阿夫利山の麓から湧き出る清らな天然水でスープを仕込んでいることから名づけたそうです。

そんなこだわりのゆえか、自慢のスープは、あっさりしながらもコクがあって後を引きます。
絶品です。ぐいっと飲み干しました。

これならルミネや女子との相性はいいでしょうね。
女子も安心して食べられる爽やかなラーメン店「AFURI」。
ぜひお試しあれ。

ちなみにお値段は980円。ちょっと高めだけど、こだわりのプレミアムなのかな。
ごちそうさまでした、AFURI。また行きます!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

創業の味を守り続けて20年。「中華そば青葉 川崎アゼリア店」で食す、思い出のやさしい味。

中華そば青葉 川崎アゼリア店。行ってきました〜。

中野の名店「中華そば青葉」が川崎に進出してました。2016年3月オープンだそうです。

昼少し前に行くと、店の前に行列ができてました。
並ぶ前に券売機で食券を購入。久しぶりなので、「特製中華そば」900円をオーダー。
まだチェーン展開していない頃、中野まで食べに行った思い出の味です。

席に案内されると、間も無く着丼。
美しい!これぞラーメンという丼姿。
黄金色のスープ、光り輝く麺、チャーシューに味玉、そしてのり。
ほのかに魚介の香りの湯気が漂います。

さっそくいただきます。

麺はやや太麺。喉越しが滑らかでモチモチ。麺だけで楽しめると言ったら大げさだろうか。
チャーシューも箸で挟むと崩れる柔らかさ。粗挽き胡椒がかかっていて、スープとの相性もいい。

スープは魚介豚骨ベースの醤油味。汁に少しただよう油が食欲をそそります。
でも、思いのほかさっぱりしているんですよね…。
中野で食べた、記憶にあるラーメンは、驚くほどの「魚」の風味だったような…。

創業以来、味を変えていないみたいだから、私の舌が変わったのでしょう。
確かに、こってりラーメンやつけ麺ブームがあって、多少の濃い味、魚介風味には耐性ができちゃってるからね。

今の時代では、ライト系に分類されるであろう青葉のラーメンは、シニアにも優しい味です。確かに年配の方も結構いらっしゃいます。
これからも末長く愛されていくのでしょう。

青葉は1996年創業ということで、今年は記念すべき20周年とのこと。おめでとうございます!
創業の味を守り続けて20年。お客様から愛されている証ですね。

これからも、みんなの思い出の味を守り続けてください。
がんばれ、青葉!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

実は日本一の浜松餃子!もやしも気遣いもイイ。中華料理店「五味八珍」。

熱海駅直結の「ラスカ熱海」3階にオープンした中華料理店「五味八珍」。
看板料理は「浜松餃子」。

IMG_2473

餃子というと、宇都宮を思い浮かべるけど、浜松も負けず劣らずの餃子王国。
なんと、1世帯あたりの餃子消費量では、2014年、2015年と、宇都宮を抑えて、浜松が日本一になっています。

その日本一の「浜松餃子」に初挑戦!
そーか、熱海って、静岡でした。一応、地元グルメなんだね。

注文したのは、浜松餃子にラーメン、白米のセット。それに生ビール!
男子にとって最強の組み合わせ。シナジーがありすぎる!

IMG_2480

さて、本日の主役である浜松餃子ですが、ひとくちほお張ると、肉汁がジュワーッと口のなかにひろがります。
あれ?なんか甘い。どうやら、玉ねぎとキャベツが効いているみたい。
さらに、浜松餃子の特徴という、つけ合わせの茹でたもやしがイイ。
これと一緒に食べると、箸が止まりません。あっという間に平らげてしまいました。

ちなみに、宇都宮餃子との違いは、具材に使う野菜(宇都宮は白菜、浜松はキャベツと玉ねぎ)と、つけ合わせのもやしにあるそう。
うーむ。甲乙つけがたいですね。

餃子が先行してしまったせいで、ラーメンは少しのびちゃいました。
餃子とビールの後に、ラーメンを注文すればよかったか!と少し後悔しました。(でもそうするとビールおかわりしちゃいそう。)

ちなみに、メニューにはこんな記述が。

「お子さんは散らかすことの名人です。私たちも幼いころはそうでした。テーブルの上や周りの汚れ等を一切お気になさらないでください。私共店のものがかたづけます。私共の店にいらしたときぐらいゆっくり召し上がってください。お母さん! 五味八珍接客係一同」

素敵な気遣いですね。接客もとても気持ちよかったです。

決して何か特別な餃子ではないものの、懐かしく感じるような、そして心温まるような、そんな餃子でした。
ありがとう、浜松餃子!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

中目黒高架下のつけ麺や「武双」。こだわりの双子の味。

今回の「夢中」は、「つけ麺や 武双 中目黒駅前店」です。

中目黒駅に新しく生まれたグルメ街「中目黒高架下」にオープンしたラーメン店です。

イチ押しされているのは、2種類のスープを一度に味わえる「2種つけ麺」。早速いただきました。

鶏魚介は、濃厚な鶏魚介スープ。
鶏白湯は、洋風な鶏白湯スープ。

鶏魚介はつけ麺の王道の味。少し甘めかな。一方の鶏白湯は、洋風というだけあって、ほのかにコーンスープのような味がします。

無料の大盛りにしましたが、2種類のスープそれぞれを楽しめるので、スーッと平らげてしまいました。
意外にいいかも。飽きもこないし、2倍楽しめて、嬉しいメニューですね。

1,200円はちょっと高いけど、スープ2つだし、中目黒だし、しゃーないのかな。
グラスビール100円は嬉しい。

店名にも「双」の文字がある通り、双子の高橋兄弟が営んでるみたい。のれんにも「双子」の文字が。

2人で一つ、2つのスープで一つのつけ麺。「武双」にはそんな思いが込められているのかもしれないですね。

チャーシューも美味しかったので、次はチャーシューラーメンにしようかな。さて、鶏魚介、鶏白湯、スープはどっちにしよう…。

店員の高橋さん(兄か?弟か?)の明るい接客も嬉しい。ご馳走さまでした。

ありがとう、武双!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング