こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、蒲田の人気ラーメン店「煮干しつけ麺 宮元」再訪です。

■蒲田の行列のできるラーメン店

オープンは2015年4月。そこから口コミで人気が広まり、今や蒲田を代表する名店となったのがこちら、「煮干しつけ麺 宮元」です。

店主は、一燈グループで店長を歴任した実力派・宮元達宏氏。ラーメン好きの中では名の知れた人です。
その宮元さんが満を持してオープンしたのが、自らの名を冠したこの店「煮干しつけ麺 宮元」です。

以前、当「夢中図書館ラーメン館」でも食レポを投稿させていただきました。
※そのときの記事はこちら

この日もランチタイムを外して訪問したにもかかわらず、店の前には行列ができています。
先に食券を買って店員さんに渡してから列に並ぶシステムです。

前回、看板の「極濃煮干しつけ麺」をいただいたので、今回は汁ものにトライします。
ポチっとしたのは「極上煮干しそば」980円。大盛り100円です。

■実食です

行列が少しずつ進み、店内に案内されます。狭い厨房に店員さんがぎっしり。みんなキビキビ動いている様子が見受けられます。

待つことしばらくして、「極上煮干しそば」が着丼です。

食べる前から鼻をつく魚介系煮干しの香り。
もうたまらなくなって、箸をスープの中に投入。一気に麵をすすります。

スープは煮干し風味たっぷりの濃厚ドロドロ。
そのニボニボの汁に、ストレートな細麵がよくからみつきます。
この絶妙なコラボに、みるみるうちに丼が空いていきます。

具は、チャーシュー、味玉、玉ねぎ、のり、ねぎ、メンマ。
結構ボリュームあります。チャーシューは豚バラと肩ロースかな。これまたニボニボに会います。

…という具合にスープをすすっていたら、最後は麵と具材が残っちゃった。
欲を言えば、スープがもっと多いと良かったかな。えっ?スープの飲みすぎじゃないかって?だって煮干しスープが好きなんだもの…。

煮干しつけ麵も美味かったが、煮干しそばも負けじと美味でした。

ありがとう、宮元! ありがとう、煮干しそば!

■基本情報

店名:煮干しつけ麺 宮元
住所:東京都大田区西蒲田7‐8‐1

アクセス:JR蒲田駅西口 徒歩5分
営業時間:11:00~15:00(月、火、木、金、土、日)
18:00~21:00(月、木、金、土、日)
定休日:水曜

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事