こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、新橋路地裏の名店「新橋 纏(まとい)」の烏賊干鶏白湯醤油そばです。

■新橋 纏

サラリーマンの聖地、新橋。
同時に、多くのラーメン屋が集う街でもあります。サラリーマンの皆さん、ラーメンが好きなんでしょうね。

今日は、新橋駅からほど近いところにある、路地裏の名店「新橋 纏(まとい)」を訪問します。

ちょうど隣のビルが工事中で、ただでさえ路地裏で分かりにくい店が、完全に死角になっていました。
スマホの地図を頼りに向かったものの、気づかずに通過。周辺をぐるっとまわって2周めでたどり着きました。

事前食券制です。
基本メニューは3つ。平子煮干しそば、烏賊干鶏白湯醤油そば、つけ麺。
今回ポチっとしたのは、烏賊干鶏白湯醤油そば、850円です。

烏賊干って初挑戦だよな…。どんなんだろう?

■板前さん?

カウンターのみの狭い店内です。
店員さん2人は板前みたいだから、なんか寿司屋か小料理屋に来た感じ。

…と店内を眺めていたら、板前さん(みたいな店主)が丼を届けてくれました。

シンプルにして、美味しそーな丼姿。
丼の際が泡立つスープと鶏チャーシューのコントラストが見事です。
そのチャーシューにのった三つ葉も美しい。やっぱり、あなたは日本料理の板前さん?

■実食です

まずはスープをズズっとすすります。
ほぉーっ。来ました、イカが。
最初は醤油の香りが勝っていたのですが、2度、3度すするうちに、イカの風味がじゅわっと広がります。

スープのとろみもいい感じ。鶏白湯の甘さがイカの風味を際立たせているように感じます。
これは確かに初体験の味だわ…。

このスープと合うのが、中細のストレート麺。
三河屋製麺の小麦感たっぷりの麺は、特製スープとマッチして、するりと喉を通過します。

具は、鶏チャーシューにメンマ、ネギ、のり、三つ葉、そしてイカゲソ。
鶏チャーシューはやわらかい鶏胸肉を使用。イカゲソは具というより、スープのもとなのかしら?

一気に完食。スープも飲み干しました。
烏賊干鶏白湯醤油そば。烏賊に鶏白湯に醤油と、それぞれの旨みがたっぷりつまったラーメンでした。

ありがとう、纏! ありがとう、板前さん!

■基本情報

店名:新橋 纏(まとい)
住所:東京都港区新橋3-13-2 新共ビル1F

アクセス:JR新橋駅(烏森口)から徒歩3分
営業時間:(平日)11:00~15:00、17:30~22:00 (土)11:00~15:00、17:30~21:00、(日祝)11:00〜15:00、17:30〜20:00
定休日:無休

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事