新発田名物もつラーメン&新潟名物タレかつ丼!「食堂みやむら」

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、新潟新発田の名物もつラーメン!「食堂みやむら」です。

■食堂みやむら

新潟の新発田に名物をうたうラーメンがありました…。
それが、新潟新発田に店舗を構える「食堂みやむら」が提供する、新発田名物「もつラーメン」です。

まったく知らなんだ…。店は、この日訪れた新発田城の近くにあります。
その土地の名所を訪れ、その土地の名物を食す…。これぞ旅の醍醐味ですよね。

いざ城ぶら!…ならぬ、いざ麺食い!
もつラーメン単品もありますが、セットメニューも豊富で目移りしちゃいます。

この日選んだのは、新発田名物もつラーメンと新潟名物タレかつ丼のセット。
「もつラーメンとかつ丼のセット」1,100円。新潟の名物をダブルで楽しめるのはうれしい…。

案内された座敷に座ります。元気なおじさん(店主?)が気持ちの良い応対をしてくれました。
こういうの嬉しいですよね。特にはじめての旅先であったかい応対をされると、その町の印象が爆上がりします。

■実食です

待つことしばらくして、おじさんの元気な掛け声とともに、「もつラーメンとかつ丼のセット」が着丼しました。
おぉーっ、これはボリュームある…。もつラーメンもタレかつ丼もがっつり美味しそう…

まずは、もつラーメンの丼にレンゲを投入。スープをいただきます。
ズズっとすすると、こみ上げる郷愁…。レトロ風味のあっさり醤油味が懐かしさをかき立てます。

麺は、細めの縮れ麺。これまた昭和のテイスト、懐かしさ満点
スープとともに麺をすすれば、その絶妙のコラボに箸が止まらぬ勢い…。

そして具材は、もつ、こんにゃく、めんま、ねぎ。
この「もつ」が物議をかもす代物。なにしろ、「もつ」であって「もつ」でない…。ん?

実は、こちらの店で提供している「もつ」は、一般に知られる内臓系の肉ではなく、いわゆる「カシラ」と呼ばれる豚のこめかみの部位なのです。
だから「肉」感が強い。特に歯ごたえが「肉」。これは内臓系が苦手なひとでも食べられる「もつ」です。

ちなみに、なぜ「もつラーメン」を名乗っているのかは、先代が名付けた品名であり「不明」とのこと…。
ぜんぜんオーケー。これだけ美味しければだれもクレームは言わない。実際に「もつラーメンW(大盛り)」を頼んでる方も結構いました。

これだけで、結構満足度高めなのですが、この店はさらに満足度アップのセット丼があります。
それが、新潟名物「タレかつ丼」。甘いタレが、サクサクに揚げられだカツとよく絡み付いて美味です。

これは、満腹&満足です。どれも美味しいから、気づけば完食していました。
新発田城も見どころいっぱいだったし、もつラーメンも美味しかったし、おじさんの気さくな対応も気持ちよかった。皆さん、新潟新発田いいとこ、おススメですよ!

ありがとう、食堂みやむら! ありがとう、もつラーメン!

■基本情報

店名:食堂みやむら (みやむら食堂)
住所:新潟県新発田市大手町5-5-7
アクセス:JR新発田駅から徒歩25分
営業時間:11:00~14:30
定休日:月曜日

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事