唐辛子マークをきちんと数えて注文しよう!「蒙古タンメン中本」は病みつきになる辛ウマさ。タオルハンカチは必須です!

今日の「夢中」は、蒙古タンメン中本。


辛うまタンメンで有名なラーメンチェーンです。
一味唐辛子を大量に投入した真っ赤なスープと太い麺が特徴です。

一時期ブームになって大行列でしたが、最近は少し落ち着いて、しかも店舗も増えてきたこともあって、今回訪れた池袋店は並ぶことなく入れました。

食券を先に買います。
色々なメニューが並んでいて、初めてだと迷いますが、やはりポイントは辛さでしょう。
メニューごとに唐辛子🌶マークの数で表示されています。

今回は体調を考え、辛さ控えめの味噌タンメンをポチッとしました。
だいぶお腹が空いていたので、ついでにミニ麻婆丼も。

この辛さ表示、コアなファンもいる北極ラーメンなんかには唐辛子マーク🌶がいっぱい並んでいて、「初めての方はご注意ください」という注意書きが。
何度か来てますが、未だチャレンジする勇気がありません(苦笑)。

さて、しばらくして、辛さ控えめな味噌タンメンが着丼。それがこちらです。


素敵な色合いですね。
見た目の通り、辛さ控えめのこの麺でも十分にスパイシーです。

一味唐辛子の風味が鼻にツーンと来ます。
だんだん体があったまっていく感じ。後半は額の汗をタオルハンカチで拭きながら食べました。

この辛いスープだけだったら半分と持たないと思いますが、さらに箸が進むのは、たっぷりと乗った野菜の甘さがあるから。

唐辛子スープで口の中がヒリヒリしたときに、逃げ道としてキャベツやもやしといった野菜を食べると、その甘さにスープの辛さが中和されます。
むしろ、それまで「もう無理」と思っていた辛いスープをさらにすすりたくなるほど、絶妙なハーモニーを奏でます。
このハーモニーが、他の激辛ラーメンを寄せ付けない「中本」の魅力なのではないでしょうか。

ただ、今回は、この絶妙なハーモニーを乱すものがありました。
それは「ミニ麻婆丼」。
油断しました。半ライスの替わり、箸休めのつもりで注文したものの、これが辛い!
箸休めどころか、辛さで箸が止まります。野菜の逃げ道もない。

最後は、汗を拭き拭き、口の中がヒリヒリとなりながら、完食しました。
いやぁ、辛さ控えめで済ますつもりが、想定外の辛ウマを堪能しちゃいました。
でも、やっぱり「中本」だから、こーじゃないといけないですね。

皆さん、中本の北極ラーメン、ぜひチャレンジしてください!
…私は、次も辛さ控えめで。。。だって、まだまだ修行の身ですから。。。

ありがとう、蒙古タンメン中本!辛ウマでした!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

こってり豚骨の香りはブレスケア必須!一世風靡の和歌山ラーメンはここ大井町に健在。「のりや」に行く。

今回の「夢中」は、大井町の和歌山ラーメン「のりや食堂」。

街あるきで空いたお腹を満たすために、道沿いに思いがけず見つけたこの店に入りました。
一時期、一世を風靡した和歌山ラーメンですが、今やそのブームもひと段落した感じです。
たしか以前は東京駅名店街にも出店していた名店です。
そのときは行列した気がしますが、この日はすんなり。嬉しいような、悲しいような。

券売機で食券を買います。
ラーメン650円はありがたいですね。
今回はネギラーメン750円をポチッとしました。

入店した途端に、鼻に付くのは豚骨臭。
嫌いな人は嫌いかもしれませんが、個人的には俄然、食欲がわきます。

間も無く着丼。

もっとワイルドなお姿を想像していたのですが、どんぶりの装飾を含めて、意外にも可愛らしい。
量も少なめかな。大盛りでもよかったか…。

さあ、いただきます!
麺は細麺。濃厚な豚骨スープとよく絡みます。
トッピングしたネギは正解でした。アクセントが効いた感じです。
お隣りが生卵トッピングしていましたが、これも美味そう!

あっという間に平らげました。ごちそうさまでした!
久々に和歌山ラーメンを食べましたが、やっぱりコッテリ感がいいですね。
ちなみに、この豚骨臭、口内に翌日まで残りました。ブレスケアをお忘れなく。

コッテリ豚骨が売りなんだから、もっとワイルドでいいかもしれませんね。
もっと豚骨臭マシマシで、量も多めになると嬉しいかも。でもブレスケアが大変か。。。
あくまで個人的な感想ですが。

勝手な希望はともかくとして、おかげさまでお腹はふくれました。
思いがけず、懐かしの(?)和歌山ラーメンに出会えたのも嬉しい!

街あるきのエネルギーもいただきました。
ありがとう、のりや食堂!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

トンネルを抜ければ、そこに美味しい麺がある!?こってりラーメン1位の実力店「しゃがら」の醤油ラーメン。大盛、特盛がオススメ?

今回の「夢中」は、ちょっと遠征して、新潟のラーメン店「しゃがら」です。

新潟は隠れたラーメンどころ。
背脂ラーメンなんかは全国区で、東京にも進出してますね。

今回は、そんな新潟ラーメンのなかで、新潟県こってりラーメンランキングで1位を獲得という実績を持つ「しゃがら」に行ってまいりました。

場所は新潟駅のなか。出張者にはありがたいロケーションです。
遠隔地だと仕事の合間に寄れないですもんね。今回も昼休憩のわずかな時間を利用して訪れました。

先に食券を購入します。ラーメン680円。
さらに、大盛10円、特盛20円!
嬉しい料金設定です。つい大盛をポチッとしてしまいました。

店内満席でちょっと待ちましたが、程なく着席。すでに食券を渡してあったので、これまた程なくして着丼です。それがこちら。


新潟の、燕市・三条市が発祥と言われる背脂がたっぷり浮いている醤油ラーメン。
背脂効果もあってスープがアツアツ。寒い時期の新潟にはぴったり。身体があったまりますね。

スープは煮干出汁がよく効いていて、少し濃いめの味は、太めの麺とよく合います。
これなら特盛もいけた?…でも、そしたら午後は仕事ダメかな(苦笑)。

新潟に来る機会があったら、ぜひ召し上がっていただきたいラーメンですね。
できれば寒い時期がいいかも!

ちなみにこの日も、「トンネルを抜ければそこは…」の通り、越後湯沢の付近は真っ白な銀世界でした。

ほんと、トンネルを抜けると別世界。そこは、時空も超えた雪の國…。
新潟市内は雪なんてありませんが、雪国の冬を、背脂ラーメンで満喫したのでした。

ありがとう、「しゃがら」!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

一杯一杯大切につくられる極上の醤油ラーメン。食卓に出される注射器、その中身はなんと…!?東神奈川「らぁめん夢」。

今回の「夢中」は、JR東神奈川駅から徒歩5分、「らぁめん夢」。
一見したところ、飲み屋かスナックかと見紛うような佇まいのラーメン屋です。

あらかじめ言っておきますが、ここのラーメン、その佇まいに反して(?)むちゃ美味しかったです!

夫婦と思しき男女が黙々とラーメンをつくってます。
狭い店内ですから、一杯一杯、精魂込めてつくっている姿が間近に見えます。

当日はオススメの特製ラーメンを注文。
濃いめの醤油スープに、食欲をそそる鶏油。
一口すすると、口のなかに、コクのある醤油だしの旨みが広がります。

具は、チャーシュー、味玉、メンマ、海苔、青菜、ネギ、そしてワンタン。

麺はまっすぐのコシのある細麺。スープとマッチして喉ごしがイイ!

奇をてらうことなく、作り上げられた一本勝負の醤油ラーメン。自然の恵みを感じる逸品です。

ここのラーメンの特徴は、どんぶりの脇にある注射器。
中に、煮干しエキスが入っています。

半分くらい食べたところで、これを注入します。

そうすると、自然の恵みあふれる極上醤油ラーメンが、濃厚な魚介の香りあふれる、荒々しい煮干しラーメンに変わります。

これは美味い!注射器はぎょっとしますが、その注入効果は抜群です。病み付きになりそう。

喧騒を離れたところにある小さなラーメン屋ですが、その味は折り紙つき!
注射器の煮干スープで、二度楽しみえるのも嬉しい、実力派ラーメンでした。

ごちそうさまでした、らぁめん夢!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

東京駅のすぐ隣「東京じゃんがら」は毎日忙しいあなたの味方。替え玉、バリカタ一丁!

今日の「夢中」は、東京駅そばの「東京じゃんがら 丸の内店」。

東京駅から歩いて2分。都心のど真ん中、新幹線と中央線の高架下にあります。

東京駅という交通の結節点にあるのは嬉しいですね。
今回も、仕事と仕事の合間のわずかな時間で訪れました。

注文したのは、定番の「九州じゃんがら」680円。
食券を買って店員さんに渡すと、5分ほどで着丼。この速さも都心では嬉しいですね。

さてお味の方は。。。
豚骨ですが、割とあっさりしています。臭みもなく、飲みやすいスープです。
女性もイケる「ソフト豚骨」と言えるかもしれません。

具は、チャーシューにメンマ、キクラゲ、青ネギ。麺は細麺。この辺は九州ラーメンの王道ですね。

量は少し少なめなので、替え玉しました。一玉150円也!

本格的な豚骨ラーメンを期待すると物足りないかもしれませんが、
都心でこんな有名店のラーメンを、仕事の合間の少しの時間で食べれるのは嬉しいです。

慌ただしく働く(遊ぶ)皆さんへ。東京駅で食べられる「じゃんがら」ラーメン。オススメです!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

「東京のソウルフード」油そば。タレと麺を混ぜて絡めて…でも意外にヘルシー?「武蔵野アブラ学会」の油そばを食す。

武蔵野アブラ学会。
なんとも仰々しい店名ですが、簡単に言うと、東京は武蔵野地方を起源とする油そばの専門店です。

油そばは、ファンからは「東京のソウルフード」とまで評されるほど、東京では店の数が増えました。

汁のないラーメンですね。
汁の代わりに、醤油ベースの濃いめのタレが丼の底にたまっていて、それを麺に絡めて食べます。
ラー油や酢などの調味料をお好みでかけます。
マヨネーズなんかをたっぷりかける人も(この店は置いてません)。

ジャンキーな印象から分かる通り、やはり学生の間で人気があります。

「武蔵野」を冠していますが、亜細亜大学やら一橋大学やらのある武蔵野エリアが発祥と言われ、この「武蔵野アブラ学会」もその流れを引いているそう。

ちなみに本店は、早稲田にあり、同大学の学生らで賑わう人気店です。
今回、訪問したのは、その代々木店。
席は満席でしたが、長蛇の行列とまではなっていませんでした。

さてさて、その「東京のソウルフード」油そばは、こちら。

はじめて見る人はギョッとするかも。
こんもりと積み上げられた太麺に、チャーシュー、海苔、野菜などが無造作にトッピングされています。

タレは丼の底。
ラー油と酢をかけて、ぐりぐりとかき混ぜます。

好き嫌いは分かれると思いますが、個人的にはアリですかね。
ラーメンにつけ麺、油そばと、麺好きにとって選択肢が広がるのは、ありがたいことです。

ちなみに、「油そば」という名前から、体に悪そうな印象もありますが、実はラーメンよりもヘルシー。
スープがないから、塩分もカロリーも控えめなんですって。

でも、ついつい大盛りにしちゃうから、胴回りには悪いですよね。
いつも食べてから反省する自分なのでした。。。

ごちそうさまでした、武蔵野アブラ学会!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

寒い日は北海道らーめんがオススメ。ねぎトッピングで魅惑のフォルムの札幌みそ!王子駅近くの「北海道らーめん みそ熊」。

今回の「夢中」は、王子駅そばの「北海道らーめん みそ熊」です。

「北海道らーめん」と銘打っている通り、基本の3品は、北海道の地名入り。
みそは「札幌みそ」、醤油は「旭川醤油」、塩は「函館塩」。
他に辛みそや激辛みそがあります。

今回は、看板メニューの「札幌みそ」をねぎトッピングでいただきます。
大盛りが無料なので、ダメと知りながら、大盛りにしてしまいました。

それがこちら!ドーン!
もやしが丼からはみ出してます。なかなかのボリュームです。

さてお味ですが。。。
スープは味噌の味たっぷりの濃い口。使っている味噌のせいか、少し甘めのみそ味です。

これに中太麺がよく合います。
王道の札幌みそらーめんと言えるのではないでしょうか。
野菜もたっぷりだし、コスパ良いですね。

卓上には、おろしにんにくと揚げネギが置いてあって、お好みで味変も可能。

私は、途中で揚げネギを大量投入したら、独特の風味が増して、箸が進みました。
単にねぎ好きだからかもしれませんが。。。

ちなみに、横から見るとこんな感じ。
野菜とネギがこんもり。ステキなフォルムですね。

ということで、今回は、王子駅近くの「北海道らーめん みそ熊」を紹介しました。
お近くに行った際は、一度お試しください。
店員さんのサービスも良くて、気持ちよく食べれますよ。

ごちそうさまでした、みそ熊!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

家系ラーメンの元祖直系の味!強面男衆が精魂込めてつくる至高のラーメン!家系ラーメン「杉田屋」に行く。

今回の「夢中」は、横浜の新杉田駅の近く、家系ラーメンの「杉田家」です。

実はここ杉田は、家系ラーメンの聖地。
家系ラーメン元祖の吉村家が、横浜に店を移転する前は、この杉田に店を構えてました。

その店を受け継いだのが、この「杉田家」。
元祖の味を受け継いでいる直系の店ということになります。

この日は夜遅かったのですが、店の前に行列ができていました。
券売機で食券を買ってから、行列の後ろに並びます。

10分ほどして入店。
厨房には、タオル鉢巻をした男衆が、厳しい顔(地顔か?)でラーメンをこしらえています。

ちょうど、わたしの席の前では、寸胴からガラを取り上げる作業をしてました。
こりゃあ、相当な力仕事だわ。。。
このガラから、家系特有の濃い豚骨エキスが絞り出されるわけですね。

と、待っておりましたら、注文していた中盛りラーメンが届きました。

醤油豚骨のいい香りが鼻をつきます。
元祖直系に相応しい、家系ラーメンの基本のお姿。
太めの麺に、チャーシュー、ほうれん草、海苔。そして濃厚な豚骨スープ。

この日は特に寒かったので、温かいスープが、胃にしみ入ります。

「直系」というブランドに偽りはない!
家系本来の醤油の旨味、豚骨のコク。モチモチした麺の食感を楽しめます。

個人的には、ほうれん草と海苔も好き。濃厚なスープにマッチするんですよね。
海苔なんか、スープに少し浸して味を染み込ませると最高!麺が進みます。

あっという間の完食でした。
さすがは家系ラーメン。食後の満腹感は半端ありません。
同時に、また脂と塩分をたっぷり取っちゃったっていう罪悪感も?

気にしない気にしない。美味しいものは、心に効きます。
ほんと、仕事の疲れが取れた感じの帰り道となりました。

ありがとう、元祖直系の味、杉田家さん!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

Ⅴ3おめでとう、浜松餃子!隠れた餃子王国、浜松の心温まる絶品餃子。もやしも気遣いもイイ。中華料理店「五味八珍」。Remastered!

今日何気なくテレビを見ていたら、こんなニュースが飛び込んできました。
「餃子購入額 浜松が宇都宮をおさえ、3年連続日本一!」

総務省の家計調査で、2016年の世帯当たりの餃子購入額を集計した結果、
浜松市が4818円で、宇都宮市の4651円を上回る餃子記録(?)を達成したとのこと。

おめでとうございます!浜松餃子!
惜しかったですね、宇都宮餃子。。。

それにしても、餃子といえば、宇都宮という印象でしたが、
あらためて浜松市の強さを実感しました。

でも、それもこれも、浜松餃子が美味しいからこその快挙なんですよね!

ということで、浜松餃子V3を記念して、
昨年末に、はじめて浜松餃子を食べたときのブログ記事を再アップします。

あらためまして、おめでとう、浜松餃子!!
↓以下は以前の投稿記事です。確かに浜松餃子は美味かった!

熱海駅直結の「ラスカ熱海」3階にオープンした中華料理店「五味八珍」。
看板料理は「浜松餃子」。

IMG_2473

餃子というと、宇都宮を思い浮かべるけど、浜松も負けず劣らずの餃子王国。
なんと、1世帯あたりの餃子消費量では、2014年、2015年と、宇都宮を抑えて、
浜松が日本一になっています。

その日本一の「浜松餃子」に初挑戦!
そーか、熱海って、静岡でした。一応、地元グルメなんだね。

注文したのは、浜松餃子にラーメン、白米のセット。それに生ビール!
男子にとって最強の組み合わせ。シナジーがありすぎる!

IMG_2480

さて、本日の主役である浜松餃子ですが、ひとくちほお張ると、
肉汁がジュワーッと口のなかにひろがります。

あれ?なんか甘い。どうやら、玉ねぎとキャベツが効いているみたい。
さらに、浜松餃子の特徴という、つけ合わせの茹でたもやしがイイ。
これと一緒に食べると、箸が止まりません。あっという間に平らげてしまいました。

ちなみに、宇都宮餃子との違いは、具材に使う野菜(宇都宮は白菜、浜松はキャベツと玉ねぎ)と、つけ合わせのもやしにあるそう。
うーむ。甲乙つけがたいですね。

餃子が先行してしまったせいで、ラーメンは少しのびちゃいました。
餃子とビールの後に、ラーメンを注文すればよかったか!と少し後悔しました。(でもそうするとビールおかわりしちゃいそう。)

ちなみに、メニューにはこんな記述が。

「お子さんは散らかすことの名人です。私たちも幼いころはそうでした。テーブルの上や周りの汚れ等を一切お気になさらないでください。私共店のものがかたづけます。私共の店にいらしたときぐらいゆっくり召し上がってください。お母さん! 五味八珍接客係一同」

素敵な気遣いですね。接客もとても気持ちよかったです。

決して何か特別な餃子ではないものの、懐かしく感じるような、そして心温まるような、そんな餃子でした。
ありがとう、浜松餃子!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

北海道の旭川ラーメン店が東京初出店。こだわりの麺と味はその日の気分で選べます。「北海道ラーメン 鷹の爪」に行く。

今日の「夢中」は、代々木にあるラーメンの新店、北海道ラーメン「鷹の爪」です。

場所は代々木駅と新宿駅の真ん中くらい。新宿高島屋の裏手にその店はあります。
北海道は旭川に本店のあるラーメン店の東京初出店です。

この場所、前は違うラーメン屋でしたが、いつの間にか変わってました。新宿エリアは激戦区だからね。

まずは、券売機で食券を買います。

いきなり画面に出るのは「ご希望の麺をお選びください」というメッセージ。
麺の種類を選べるみたいですね。しっかりコシのある「低加水麺」ともちもちの「中加水麺」。

あまり見ない選択肢ですよね。こだわりを感じます。
次に選ぶのはお味。醤油と味噌と塩の3種類から選べます。
ちなみに、醤油は「龍の雫」、味噌は「龍の極」、塩は「白龍」って言うみたい。

今回は、なんとなく定番っぽい、「中加水麺」の「醤油」を頼みました。

2016年6月オープンとのことで、店内はまだ真新しい感じ。テーブルも卓上調味料もきれいでイイ感じです。

しばらくして、やってきました醤油ラーメン、中加水麺。
見た感じは濃いめの醤油スープに、黄色い中太麺。
それにネギとキクラゲ、メンマにノリ。でっかいチャーシューが丼にへばりついています。

さっそく食します。
見た感じ濃いめの醤油スープは、しっかりしたコクのある魚介系の風味。好みの味です。
そして麺は、中加水麺の売り文句どおりの、もちもちした食感。濃いめのスープによく合います。

途中で食卓の七味を少し振りかけながらも、一気に完食。
スープも残さず全部いただきました。美味しかったです!

新宿・代々木エリアはラーメン激戦区ですが、意外に北海道ラーメンって少ないように思います。
できれば生き残ってほしいラーメン屋です。

次は何を頼もうかな。低加水麺ってどんなんだろう?味噌も美味しそうだし、「白龍」って名前の塩もいいよな。。。
選ぶ楽しみもイイですね。

ごちそうさまでした、「龍の爪」!!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング