• 東京
    濃厚な海老の香りに誰もが驚く”看板”のつけ麵!貴方はニュータイプか?新宿”五ノ神製作所”
    2017年7月18日
  • その他エリア
    トンネルを抜ければ、そこに美味しい麺がある!?こってりラーメン1位の実力店「しゃがら」の醤油ラーメン。大盛、特盛がオススメ?
    2017年4月4日
  • その他エリア
    京都の味が秋田で進化 美人女優もオススメ!? 秋田駅前”末廣ラーメン本舗”
    2017年7月11日
  • その他エリア
    実は日本一の浜松餃子!もやしも気遣いもイイ。中華料理店「五味八珍」。
    2016年11月29日
  • 東京
    「東京のソウルフード」油そば。タレと麺を混ぜて絡めて…でも意外にヘルシー?「武蔵野アブラ学会」の油そばを食す。
    2017年2月28日
  • 東京
    秘伝の味噌にたっぷり野菜 一麺一会を大切に 大森"らーめん一会"
    2017年10月10日
  • 神奈川
    一杯一杯大切につくられる極上の醤油ラーメン。食卓に出される注射器、その中身はなんと…!?東神奈川「らぁめん夢」。
    2017年3月23日
  • 東京
    こってりまろやか濃厚豚骨 土方歳三の故郷に"誠”の味!高幡不動"らーめん専門店小川"
    2017年10月3日
  • 東京
    とろり魚介風味たっぷりの濃厚つけ麵 柚子果汁で味変も 京急新馬場駅"麺屋まる"
    2017年10月17日
  • 東京
    映画の舞台巡りの途中で出逢ったワンタン麺の聖地⁉︎ 広州市場西新宿店
    2017年8月2日
  • 東京
    戸越銀座のラーメン店”えにし” こだわりのコク旨ラーメンはこれだ!
    2017年9月13日
  • 東京
    泡立つ濃厚スープ!新宿御苑近くに漂うトンコツ臭に引き寄せられて…。「博多一端亭」で食す本格豚骨ラーメン!
    2016年12月19日
  • 東京
    高架下のラーメン店街”品達”の"つけめんTETSU" こだわりのスープ、麵、焼き石!?
    2017年9月5日
  • 東京
    秘伝の魚醤が生み出す黒いスープは、富山の風味がいっぱい。富山ブラックラーメン「麺屋いろは」に行く。
    2017年1月10日
  • 神奈川
    家系ラーメンの元祖直系の味!強面男衆が精魂込めてつくる至高のラーメン!家系ラーメン「杉田屋」に行く。
    2017年2月6日
  • 東京
    渋谷「喜楽」 創業65年のぶれない旨さ”もやしワンタン麵”
    2017年12月12日
  • 神奈川
    創業の味を守り続けて20年。「中華そば青葉 川崎アゼリア店」で食す、思い出のやさしい味。
    2016年12月4日
  • 東京
    キラキラ輝く小麦色の麵 こだわりのつけ麺をづゅる! 目黒”づゅる麺池田”
    2017年6月27日

今日何気なくテレビを見ていたら、こんなニュースが飛び込んできました。
「餃子購入額 浜松が宇都宮をおさえ、3年連続日本一!」

総務省の家計調査で、2016年の世帯当たりの餃子購入額を集計した結果、
浜松市が4818円で、宇都宮市の4651円を上回る餃子記録(?)を達成したとのこと。

おめでとうございます!浜松餃子!
惜しかったですね、宇都宮餃子。。。

それにしても、餃子といえば、宇都宮という印象でしたが、
あらためて浜松市の強さを実感しました。

でも、それもこれも、浜松餃子が美味しいからこその快挙なんですよね!

ということで、浜松餃子V3を記念して、
昨年末に、はじめて浜松餃子を食べたときのブログ記事を再アップします。

あらためまして、おめでとう、浜松餃子!!
↓以下は以前の投稿記事です。確かに浜松餃子は美味かった!

熱海駅直結の「ラスカ熱海」3階にオープンした中華料理店「五味八珍」。
看板料理は「浜松餃子」。

IMG_2473

餃子というと、宇都宮を思い浮かべるけど、浜松も負けず劣らずの餃子王国。
なんと、1世帯あたりの餃子消費量では、2014年、2015年と、宇都宮を抑えて、
浜松が日本一になっています。

その日本一の「浜松餃子」に初挑戦!
そーか、熱海って、静岡でした。一応、地元グルメなんだね。

注文したのは、浜松餃子にラーメン、白米のセット。それに生ビール!
男子にとって最強の組み合わせ。シナジーがありすぎる!

IMG_2480

さて、本日の主役である浜松餃子ですが、ひとくちほお張ると、
肉汁がジュワーッと口のなかにひろがります。

あれ?なんか甘い。どうやら、玉ねぎとキャベツが効いているみたい。
さらに、浜松餃子の特徴という、つけ合わせの茹でたもやしがイイ。
これと一緒に食べると、箸が止まりません。あっという間に平らげてしまいました。

ちなみに、宇都宮餃子との違いは、具材に使う野菜(宇都宮は白菜、浜松はキャベツと玉ねぎ)と、つけ合わせのもやしにあるそう。
うーむ。甲乙つけがたいですね。

餃子が先行してしまったせいで、ラーメンは少しのびちゃいました。
餃子とビールの後に、ラーメンを注文すればよかったか!と少し後悔しました。(でもそうするとビールおかわりしちゃいそう。)

ちなみに、メニューにはこんな記述が。

「お子さんは散らかすことの名人です。私たちも幼いころはそうでした。テーブルの上や周りの汚れ等を一切お気になさらないでください。私共店のものがかたづけます。私共の店にいらしたときぐらいゆっくり召し上がってください。お母さん! 五味八珍接客係一同」

素敵な気遣いですね。接客もとても気持ちよかったです。

決して何か特別な餃子ではないものの、懐かしく感じるような、そして心温まるような、そんな餃子でした。
ありがとう、浜松餃子!

ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

 

 

コメントを残す

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事