こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、東北は杜の都・仙台駅ほど近くにあるラーメン店「亞呉屋」です。

■亞呉屋

今日は仕事で東北、杜の都・仙台へ
もちろん、ランチは出張の楽しみ、ラーメンです。

向かったのは仙台駅からほど近い都市型商業施設「EDEN
けやきの樹のある中庭を囲むように、レストランとショップが並んでいます。

その一角にめざすラーメン店はありました。
「山形飛島 亞呉屋」

仙台なのに山形?…なんて野暮なつっこみはご勘弁。オール東北の中心・仙台ということで。
地元の人のおススメというこの店に入りました。

事前食券制です。ラーメンとつけ麺、どちらも美味しそう…。
この日の気分で選んだのは、「あごだしどろつけ麺」
腹ペコなので「大」を選択。910円也。

店はカウンターのみ16席。ほぼ埋まっています。
ここではじめて、店名にある「飛島」が、「あすか」じゃなくて「とびしま」であることに気づきます。

この「飛島(とびしま)」。山形県にある唯一の島なんだとか。
その特産品が「焼きあごだし」。あご(とびうお)を焼いて天日干しした「焼きあご」をベースに作られただしです。

この「焼きあごだし」を使ったスープがこの店の売りなんですね。
だから「亞呉屋」(あごや)か。なんか食べる前に、いろいろスッキリしました。

■実食です

…とスッキリしたところで、つけ麺が着丼です。
山盛りの麺にびっくり!並にしとけばよかったか…。

さあ、いざ勝負!山盛りの麺に箸をつっこみ、スープにつけます。
どろり…。さすがは「どろつけ麺」、スープがどろり濃密です。

スープがどろり絡みつく麺をずずっとかき込みます。
これがもう、なんともまろやかな味。やさしい風味。

これが「焼きあごだし」の旨みなんでしょうね。
臭みのない、コクのある上品なスープに仕上がっています。

麺にもこだわりがあります。ちょっと黒みがかった麺は栄養たっぷりの全粒粉
しかもその麺はモチモチで噛みごたえがあるので、噛むほどにスープの味が口の中に広がります。

具は、ネギ、豚肉、味玉、のり。
卓上に、1個10円の「一日一善たまご」が置いてあります。

食べたい人は、脇に置いてある瓶に10円硬貨をチャリンと入れます。
ときどき、チャリンという音が聞こえてくるのは、このせいなんですね。

気づけば、あっという間の完食。魚介だしなのにこんなに魚臭くないつけ麺、はじめてだな…。
ラーメンはどんな味がするんだろう…。ただ、さすがにもうお腹いっぱいだ。やっぱり量が多いわ。満腹満腹。

ありがとう、亞呉屋! ありがとう、山形飛島!

■基本情報

店名:山形飛島 亞呉屋 仙台店
住所:宮城県仙台市青葉区中央1-10-25 EDEN仙台

アクセス:JR仙台駅より徒歩3分
営業時間:11:00~23:00
定休日:なし

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事