新橋「孫作」!六厘舎系なのに魚介を封印!逆さ看板は挑戦の証?

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、新橋でつけ麺、「孫作」(まごさく)です。

■逆さ舎鈴

一度見たら、「これなんだろう?」と驚くラーメン店が、新橋にあります。
それが今回訪れた「孫作」です。

最初は、看板を取り付けるのを間違えたのかな…なんて余計な心配をしてしまいました。
何しろ、看板に書かれた文字が逆さま

看板に書かれた「舎鈴」は、都内を代表するつけ麺の名店「六厘舎」のセカンドブランドですね。
この店は、もともとは「舎鈴」新橋西口店だったようですが、ある日、突然閉店。
その後すぐに、リニューアルオープンした時には、看板が逆さまに掲げられていたのだとか。

最初は名前もなくて、「逆さ舎鈴」なんて呼ばれていたようですが、程なく「孫作」と命名。
六厘舎から見て3代目だからなのかな…。

でも、この3代目は「六厘舎」とは大きく異なる展開を見せました。
なんと、六厘舎系の最大の特徴である濃厚魚介を封印。豚や鶏などの動物系素材で出汁をとるという荒技に出たのです。
もしかして、看板を逆さまにしたのは、今までと異なるチャレンジをしているから?

■実食です

事前食券制です。選んだのこちら。「つけネギ中盛」900円
店内に入って待つことしばらくして、つけ麺が着丼です。

まずは、その魚介を封印したスープをひと口。
確かに、六厘舎とは異なる、動物系のコクと野菜の甘みが広がります。
おなじみのドロっとした粘度も封印。さっぱりしただし汁です。

具材も豊富です。のり、ネギ、メンマ、チェーシュー、しそがスープを彩ります。
そして思わずオーダーしてしまった「つけネギ」。なんと、ネギが別盛りなんですね。これは迫力ありました。

麺は中太ストレート麺
ツルッとしたのど越しで、コシも楽しめます。これは2代目の特徴を受け継いだ感じですね。

それにしても、ネギが大量で、スープの中のネギ感が半端ありませんでした
魚介系の粘度は落ちても、ネギの投入で密度が急上昇。シャキシャキ感がすごかった…。

さすがは、六厘舎系。魚介を封印しても、つけ麺のレベルは高水準のまま。あっという間の完食でした。
なんでも、六厘舎の創業者の方たちが、この店の創業に関わったのだとか。だから、「舎鈴」を逆さまにしても怒られなかったんでしょうね。

ありがとう、孫作! ありがとう、逆さ舎鈴!

■基本情報

店名:孫作
住所:東京都港区西新橋1-16-2

アクセス:都営三田線内幸町駅から徒歩1分
営業時間:(月~金)11:00~16:00、17:30~22:00 (土)11:00~16:00
定休日:日曜日

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事