こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、新橋・虎ノ門にある「利尻昆布ラーメン くろおび」です。

■利尻昆布ラーメン くろおび

サラリーマンの聖地・新橋。
そこから官僚の方々も多く働く虎ノ門エリアへ。

そこに、こだわりのラーメン店があります。
利尻島産天然利尻昆布100%使用、化学調味料不使用(無化調)。

「美味しいのに子供でも安心して食べられるラーメン」
それにこだわるのが、新橋・虎ノ門にある「利尻昆布ラーメン くろおび」です。

無化調の美味しいラーメンをつくるために、同店は化学調味料を徹底的に勉強したそうです。
そうしたところ、化学調味料の組成が昆布にふく白い粉と同じであることを発見します。

ダシの王は昆布で、昆布の王は利尻昆布。
「ダシの王の中の王」である利尻昆布を使用することとしました。

スープ開発の過程で、利尻島に「昆布留学」もしたそうです。
さらに気の遠くなるような試行錯誤をクリアえして、たどり着いたのが、今日いただく一杯です。

くろおびラーメン
塩と醤油が選べます。やっぱり塩かな。1000円也。

ちなみに、ふつうのラーメンは800円。
今日いただく「くろおびラーメン」は、全てのトッピング具材が少しずつ入った1番人気メニューです。

■実食です

待つことしてしばらくして着丼です。
ビューティホー…。うっとりするような丼姿です。

スープも透き通っていて美しい。無化調の清らかさもただよいます。
レンゲでひと口すすると、なんともやさしい塩味です。
あっさり。飲んだ後にほんのり甘みが残ります。これは何杯でもいける味。

麺は、ストレートな細麺。
あっさりスープと相性抜群。小麦の味を楽しめます。

具材は、チャーシュー、穂先メンマ、味玉、ねぎ、かいわれ、ワンタン。
ワンタンの中身は海老。プリプリしててスープと一緒に食べると海老が跳ねる感じ。
チャーシューもトロトロでムチャ美味です。

さすがは、こだわりの無化調ラーメン
まさに「美味しいのに子供でも安心して食べられるラーメン」です。

ありがとう、利尻昆布ラーメン くろおび!

■基本情報

店名:利尻昆布ラーメン くろおび
住所:東京都港区西新橋1-20-11 安藤ビル1F

アクセス:東京メトロ「虎ノ門」駅から徒歩3分
営業時間:(平日)11:00~23:00、(土祝)11:00~18:00
定休日:日曜

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事