「鴨・葱・水」のみで作ったビューティホーな鴨らぁ麵 御徒町「らーめん鴨to葱」

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、御徒町駅からすぐのところにある、こだわりのラーメン店「らーめん鴨to葱」です。

■「鴨・葱・水」のみ

今日紹介するのは、2017年6月に東京・御徒町にオープンした「らーめん鴨to葱」です。

その店名の通り、鴨と葱にこだわったラーメン店です。
店の前の看板にはこんな風に書かれています。

当店のらーめんは、「鴨・葱・水」のみから出来ています。
毎朝、京都、青森、埼玉などの各地から厳選した国産合鴨を丸ごと1羽からさばき、その鴨と水のみで数日間、じっくりスープを炊き込んでいます。
化学調味料を一切使用せず、鴨本来の旨みとコク、そしてそれを引き出す葱が織りなすシンプルを追求した奥行きのある味をお楽しみください。

そんなこだわりのラーメンを食すべく、行列に少し並んで、初入店です!

■季節の葱

事前食券制です。
基本の鴨らぁ麵を注文。750円也。

こだわりの葱は「季節の葱」3種類の中から2つを選べます。
季節によって、葱、ニラ、玉ねぎ、ニンニク等、鴨と愛称のいいユリ科ネギ属の中から、産地を厳選して日本各地から取り揃えているそう。

この日は九条葱、淡路島玉ねぎ、丸太白葱の3種類からの選択。九条葱と玉ねぎにしました。

待つことしばらくして、鴨らぁ麵が着丼!

ビューティホー…。
まずは、その美しい丼姿に見惚れます…。黄金のスープに、白と緑の瑞々しい葱たち、そして薄紅色の鴨チャーシュー…。
思わず喉が鳴ります。



■実食です

さっそくいただきます。

スープは、鴨と水だけで作ったという、化学調味料不使用の天然スープ。
ひと口すすると、驚きのコク。鴨のダシなのでしょうか、コク旨な脂が染み出しています。鴨と水を数日間炊き込むとこんなスープが出来るのかぁ…。

麵は細めのストレート麵。全粒粉入りのようで、口当たりが滑らか。これがまたスープによく合います。

そして自慢の鴨チャーシュー。
やわらかくてとろけます。結構しっかりとした肉の味がしてびっくり。ワイルドな味を楽しめます。

もう一つの店の売りは葱。
脂の乗ったコク旨スープの合間に葱を食べると、口の中がリセット。再びスープを飲みたくなります。
さすがは、店名にもなっている「鴨と葱」。これは危険なコラボです…。

他にも鴨わんたん麵とか鴨汁つけそばとかのメニューもあって気になります。また来たくなる店が増えました。

ありがとう、鴨to葱!また行くよ~!

■基本情報

店名:らーめん鴨to葱
住所:東京都台東区上野6-4-15

アクセス:JR御徒町駅北口徒歩2分
営業時間:11:00~21:30
定休日:無休




にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です