こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、東京駅八重洲地下街にオープンした、北海道から来た名店「えびそば一幻」です。

■東京駅

当「夢中図書館」の別館「街あるき館」で進めている「シン・ゴジラ爆地巡礼」のたび。
クライマックスとなる最終決戦の地は東京駅でした。※そのときの記事はこちら

旅の締めくくりとなった東京駅。
赤レンガ駅舎の前で、感無量の状態でたたずんでいると、お腹がギュルゥとなりました。
感極まっても腹は減る。さあ、ラーメンタイムです!

■えびそば一幻

ということで、今回訪問したのは、東京駅の八重洲地下街。
そこに2017年5月にオープンしたのが、「えびそば一幻 八重洲地下街店」。北海道は札幌の名店「一幻」の支店です。

そのラーメンの特徴は、店名にもある通り、たっぷり使用されている甘えび。

売りのスープは、大量の甘えびの頭部をコトコトじっくり煮込んでつくられます。
独自製法でつくった「えび油」も加えられて生み出されるのが、秘伝の「えびスープ」。

さらに、紅生姜にえびの風味を練りこんで揚げた天かす、甘えびの頭を焼いて粉末状にしたえび粉など、スープからトッピングまで、たっぷりとえびの旨味を楽しめます。

えび好きにはたまらないラーメンですね。

■あじわい味噌

それではさっそくいただきます。
今回いただくのは、あじわい味噌780円です。

丼が運ばれた瞬間、えびの匂いが鼻をつきます。これは食欲をそそる香り…。

さっそく自慢のスープをひと口じゅるり。とろり濃厚で、えび感満載!
しかも、えび頭部由来とおぼしき独特の生臭さみたいなのも感じます。これはえび好きにはたまりませんな。

さらに、特製のえび天かすとえび粉をまぜると、さらにえび感が増します。
この時点でエビラーさまは昇天されるかもしれません。

この濃厚なえびスープに合うのが、特注の太麺。えびスープがよく絡みついてしみ込みます。細麺も選べますので、好みでどうぞ。

具材は、チャーシュー、味玉、ネギ、えび粉。これらもスープによく合います。
特にチャーシューなんか、えびの風味がミックスされて旨味が増したみたい。

いやいや満腹&満足。最後までえびの風味が楽しめるラーメンでした。
えび好きなら間違いなく、病みつきになるのではないでしょうか。

ありがとう、一幻! ありがとう、えびそば!

■基本情報

店名:えびそば一幻 八重洲地下街店
住所:東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街 外堀地下2番通り

アクセス 東京駅八重洲地下中央口より徒歩5分
営業時間:11:00~22:00
定休日:年中無休

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事