• その他エリア
    函館の老舗ラーメン店が函館駅に出店! 琥珀色の塩ラーメン”あじさい”
    2017年6月20日
  • 東京
    赤坂の麺処、自慢のあごだしスープはまさに芳醇。赤坂「友」。
    2017年6月6日
  • その他エリア
    大宮駅近く、ミルクのようなやさしい豚骨スープ "大宮豚骨一番軒"
    2017年8月22日
  • その他エリア
    秋田の台所でいただく十文字ラーメン! 煮干と昭和の香り”支那そば 伊藤”
    2017年8月8日
  • 東京
    とろり魚介風味たっぷりの濃厚つけ麵 柚子果汁で味変も 京急新馬場駅"麺屋まる"
    2017年10月17日
  • その他エリア
    トンネルを抜ければ、そこに美味しい麺がある!?こってりラーメン1位の実力店「しゃがら」の醤油ラーメン。大盛、特盛がオススメ?
    2017年4月4日
  • 東京
    蒲田「麺場ながれぼし」 クセになるキノコ豚骨ラーメンは濃厚コク旨!
    2017年12月5日
  • 東京
    金沢より品達品川史上、最高の濃厚来たる!金澤濃厚豚骨ラーメン「神仙」品達に登場!
    2017年10月24日
  • 東京
    こってりまろやか濃厚豚骨 土方歳三の故郷に"誠”の味!高幡不動"らーめん専門店小川"
    2017年10月3日
  • 東京
    秘伝の魚醤が生み出す黒いスープは、富山の風味がいっぱい。富山ブラックラーメン「麺屋いろは」に行く。
    2017年1月10日
  • 神奈川
    サザエさん一家も大満足!?の王道の醤油ラーメン。「らーめんくじら軒」横浜本店に行く。
    2017年1月19日
  • 東京
    唐辛子マークをきちんと数えて注文しよう!「蒙古タンメン中本」は病みつきになる辛ウマさ。タオルハンカチは必須です!
    2017年4月18日
  • その他エリア
    実は日本一の浜松餃子!もやしも気遣いもイイ。中華料理店「五味八珍」。
    2016年11月29日
  • 東京
    蒲田の行列つけ麵「煮干しつけ麺宮元」 実力派店主の自信の一杯は濃厚でワイルドな味!
    2017年11月14日
  • 東京
    高架下のラーメン店街”品達”の"つけめんTETSU" こだわりのスープ、麵、焼き石!?
    2017年9月5日
  • 東京
    夢と脂,麺もマシマシ⁉︎白山駅に登場,二郎系「ラーメン荘 夢を語れ」
    2017年6月13日
  • 東京
    らーめんもお客さんも綺麗!?新宿ルミネにオープンしたラーメン店「AFURI」に行く。
    2016年12月17日
  • 神奈川
    家系ラーメンの元祖直系の味!強面男衆が精魂込めてつくる至高のラーメン!家系ラーメン「杉田屋」に行く。
    2017年2月6日

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、目黒駅から徒歩4分「づゅる麵池田」です。


■ラーメン激戦区目黒

今日紹介するラーメン店は、JR目黒駅から権之助坂(目黒通り)を300mほど、徒歩4分のところにある、「づゅる麵池田」です。

目黒界隈では人気のつけ麵店です。
近くには美味しそうなラーメン店が数多く軒を並べています。
意外にラーメン激戦区の目黒。お洒落なイメージもありますが、庶民派ラーメン店にもやさしい街なんですね。

いろいろと悩みましたが、暑かったこともあり、つけ麵が美味しいと評判のこの店に入店しました。

■あんしん宣言

事前食券制です。
基本は、つけ麵と塩つけ麵の2品推しです。
塩つけ麵も気になるところですが、初入店と言うこともあり、基本のつけ麵830円をポチリ。
大盛70円と合わせて900円です。

カウンターのみのこじんまりとした店内。席は10席ほど。
一見すると、赤ちょうちん系の一杯飲み屋ですね。

店内には「あんしん宣言」という看板が掲げられています。

一、天然素材にこだわります。
一、余計なものは入れません。
一、国産の原材料にこだわります。
一、自家製にこだわります。
一、理想のつけ麺の音「づゅる」を探求し続けます。
店主 池田

こうしたこだわり、嫌いではありません。ラーメンづくりへの真面目な姿勢が伝わりますよね。
そしてやっぱり、店名の「づゅる」は麵をすする音だったんですね。楽しみです。

■着丼です

待つこと5分程度。こだわりのつけ麵が着丼です。

まず目を引かれるのが麵の色。
これがほんとの小麦色!茶色っぽい麵がキラキラ輝いています。
これも、天然素材、無調整、自家製にこだわっているからなのかもしれません。

麵は、つけ麺にしては細めのストレート麺。
麵の上に、レモンが載っているのも面白いですね。

スープは、魚介の香り漂う王道のつけ汁のイメージ。
ただ王道のつけ汁ほど、濃度は高くない。比較的さらさらしたスープです。

■実食です

さて、実食します。

麺を箸で目の前まですくうと、その瑞々しさが美しい。うっとり。

スープは、鶏ベースに鰹などの魚介でだしをたっぷりとった自然派の醤油スープ。
小麦色のキラキラ麺を投入すると、自然の旨みたっぷりのスープによく絡みつきます。

スープ自体は少し塩味が強い印象ですが、ちょっと硬めの麺と相性はバッチリ。

具は、キャベツ、メンマ、チャーシュー。
キャベツのシャキシャキした歯ごたえがいいアクセントになっています。

添えてあったレモンは、半分くらい進んだところで、麺に搾りかけました。
そうすると、一気にサッパリ感が向上!
終盤にかけて、さらに箸が進むこと間違いなしです。

気がつけば、「づゅる」っと音が出てました。

麺をすする音「づゅる」は、美味しさの証。
満腹&満足です。

ありがとう、づゅる麺池田!ごちそうさまでした。

■基本情報

・店名:づゅる麵池田
・住所:東京都目黒区目黒1-6-12
・アクセス:JR目黒駅 徒歩4分
・営業時間:11:30~22:30頃(スープが無くなり次第終了)、土曜定休

ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

 

 

コメントを残す

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事