油そば専門店「はてな」盛岡大通り店!麺王国盛岡に油そばが参入

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、油そば専門店「はてな」盛岡大通り店です。

■油そば専門店 はてな

今日は盛岡エリアでラーメンランチ。
盛岡は、冷麺、じゃじゃ麺、わんこそばと独自の麺文化がありますが、ここに油そばが参入してきました。

油そば専門店「はてな」盛岡大通り店
宮城県多賀城に本店を置く油そば店。岩手県は、盛岡上田店に次いで2店目。2020年5月にオープンした店です。

店は、盛岡大通りのパチンコボンボンの裏手にありました。
入口を入るとすぐ券売機があります。メニューは、油そば、しびれ麻辣油そば、背脂野菜油そば、台湾油そばなどがあります。

「盛岡じゃじゃ味噌油そば」にも引かれましたが、ここは店長おススメの基本メニュー「油そば」をオーダー。720円です。
並盛(150g)、中盛(225g)、大盛(300g)が同一料金。+100円で特盛(450g)、+200円で鬼盛(600g)にできます。「大盛」にしました。

さらに無料トッピングが選べます。
マヨネーズ、柚子胡椒、おろしニンニク、カレー粉、刻み玉ねぎの中から、「刻み玉ねぎ」と「柚子胡椒」をお願いしました。他にも有料トッピングで、玉子、キムチ、チーズなどがあります。

店は、カウンター席とテーブル席。案内されたカウンター席でしばし待ちます。
初入店のひとも多い印象です。果たして、麺王国盛岡に油そばが加わるのでしょうか…。

■実食です

待つことしばらくして、やって来ました、油そば
美しく盛られた麺と具材。麺の下に秘伝の醤油ダレが眠っています。

まずは、麺を丼の底からひっくり返すように持ち上げます。
そして具材もろともかき混ぜます。トッピングの刻み玉ねぎを投入。さらにかき混ぜます。

このとき汁が飛び散る恐れがあるので、紙エプロンを装着すると安心です(店に備え付けられてました)。
ムラなく混ざったところで、麺をズズっとすすります。

麺は、中太の縮れ麺。モチモチの食感です。
丼の底に眠っていた秘伝の醤油ダレは、甘くてコク旨。よくかき混ぜたことで麺とタレが一体化、麺をかむほどに醤油ダレの風味が広がりました。

具材は、チャーシュー、めんま、のり、刻み玉ねぎ
のりにタレがしみ込んで、いいアクセントになります。同じく、トッピングの刻み玉ねぎの辛さもいいアクセント。

さらに柚子胡椒や、卓上のラー油、酢などを加えて、自分好みの油そばに仕上げます。
少しずつ加えていくと、味変を楽しみながら最後まで食べることができます。

気づけば、あっという間に平らげました。完食&満腹です。
盛岡には、じゃじゃ麺というかき混ぜ麺文化があるから、油そばもすんなり受け容れられるんじゃないかしら?「盛岡じゃじゃ味噌油そば」もあるし。共存できたらいいですね。

ありがとう、油そば専門店「はてな」盛岡大通り店!

■基本情報

名称:油そば専門店 はてな 盛岡大通り店
住所:岩手県大通2丁目6番11号
アクセス:盛岡駅から徒歩10分
営業時間:11:30~24:00(当面は21:00)
定休日:年中無休

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事