東京丸の内「孫鈴舎」朝から動物系旨みパワー注入!朝らーめん

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、東京丸の内で朝ラーメン、六厘舎系列の「孫鈴舎」です。

■孫鈴舎

六厘舎の新たな挑戦「孫鈴舎」
六厘舎系列なのに魚介を使わない動物系の濃厚つけ麺を提供して、六厘舎ファンをも驚かせました。


その孫鈴舎が再び新たなチャレンジ、朝ラーメンを始めました
…ということで、朝も早よから、東京駅近くの同店へ。

店の前に、白黒の立て看板があります。
黒地に白で、「昼・夜は、六厘舎が挑戦する新たなつけめん」。こちらは、以前食べた看板メニューの濃厚な動物系つけ麺ですね。

一方、白地に黒で書かれているのは、「朝営業はじめました。朝食の新しい提案、朝らーめん」
平日のみ7時から10時半の提供です。今日は、この「朝食の新しい提案」をいただきます。

事前食券制です。メニューは「朝らーめん」一択
朝からがっつり行きたい人には、替玉と白めしもあります。

ちなみに「朝らーめん」の値段は550円。朝ならではのうれしいプライスですね。
そして案内されたカウンター席へ。静かな朝の店内でしばし待ちます。

■実食です

待つことしばらくして、やって来ました、孫鈴舎の朝らーめん!
おーっと…。思いのほか、濃厚な丼姿。朝だからと言って妥協を許さないような覚悟を感じます。

なんでも、最初はあっさり魚介風味の「中華そうめん」を提供していましたが、これが不評…。
そこで、昼夜のコンセプトと同じ、動物系のスープを用いた「朝らーめん」にチェンジしたそうです。

さっそく、その動物系スープにレンゲを投入、ずずっとすすります。
ガツンとくる豚骨系の香り。こってり濃厚です。動物系の旨みが滲み出たスープです。

まるで、朝はあっさりという固定概念に一石を投じているかのよう…。
ただ、生姜が入っているので、クドさを中和してくれます。この辺りはきめ細かな配慮ですね。

一方で麺は、昼夜とは異なる細麺を使用。
低加水の細麺で、適度なコシを楽しみながら、ツルツルいけちゃいます。これはドンドン麺が進みます。

具材は、チャーシュー、ねぎ、生姜
生姜に加えて、ねぎも動物系スープの臭みを中和してくれます。
ちなみに、がっつり行きたい方は、ニンニクもオーダーできます。これは朝からパワー出そう…。

今回はニンニクを投入しませんでしたが、それでも朝から十分にエネルギーを充填できました。
こってりした味わいの動物系スープに、パツパツの細麺が絡む、孫鈴舎の朝らーめん。これは、朝のパワーメニューになりそうです。

ありがとう、孫鈴舎! ありがとう、朝らーめん!

■基本情報

店名:孫鈴舎(まごりんしゃ)
住所:東京都千代田区丸の内1-10-9
アクセス:JR東京駅丸の内南口から徒歩2分
営業時間:(月~金)7:00~20:00 (土)11:00~15:00
定休日:日曜、祝日

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事