こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、新橋でエナジー・チャージ!ガッツリ系ラーメンの「らーめん バリ男」です。

■新橋ガッツリ系

サラリーマンの聖地、新橋。実はラーメン激戦地でもあります。

この日は、映画「シン・ゴジラ」のゆかりの地を辿って、休日の新橋へ。
物語の終盤、ゴジラが熱線放射を吐き出す場所が、ここ新橋にあります。
※そのぶら歩きの模様にご関心のある方は、夢中図書館「街あるき館」のこちらへどうぞ。

いろいろなラーメン店があって目移りする中で、今日は赤い看板が目印の「らーめん バリ男」に入ることにしました。
ちょっとこの日は、半端なく腹ペコ状態だったので、ガッツリ行きたいと思いまして…。
そうです、こちらは二郎インスパイア系のラーメン店。ガッツリ・ギトギトのラーメンをいただきます。

■実食です

事前食券制です。
基本のラーメン780円と迷いましたが、大好きなねぎもガッツリいただこうと、ねぎラーメン900円を注文。

待つことしばらくして、ついに驚愕の(?)ガッツリ系ラーメンが着丼です。

うわー、これはお母ちゃんに怒られるやつだー(苦笑)。
もう着丼の瞬間からただよう豚骨臭。スープ一面を覆う背脂は元気の源か、はたまた皮下脂肪の源か…!?

さっそくいただきます。
まずはスープをひと口すすると、やっぱり来ました、ガツンと。
さすがは二郎インスパイア系、豚骨の香りただよう醤油スープで脂成分多し。

麵は極太のちぢれ麵。こちらもガツンと来ました。
硬めで食べ応えたっぷり。スープと一緒に口のなかに投入してもしゃもしゃ噛み締めます。

具は、二郎系伝統のこんもりモヤシの上に、トッピングした白髪ネギがさらにこんもりと積まれています。
モヤシとネギのコラボが素敵。ネギの辛味がギトギト感を少し中和してくれます。

■バリ男の食べ方

なお、店内には「バリ男の食べ方」なる、店が推奨する食べ方が案内されています。それはこんな食べ方。

其の一、まずは、そのまま三割食べ進む
其の二、にんにくを入れる。まずは一杯、イケメンから。
其の三、特製唐華(自家製唐辛子)を入れる
其の四、麺を食べ終えたら酢を入れて、残った野菜と共にスープを飲み干す

ん?其の二にある「イケメン」って何?…と思ったら、店主からにんにくの入れ方についての熱いメッセージ(?)が掲げられていました。

にんにくを入れる。
スプーン一杯、イケメン
スプーン二杯、超イケメン
スプーン三杯、バリ男
やっちゃって下さい!店主

三杯やらないと「バリ男」にならないんだ…。
すいません。途中で自家製唐辛子を入れるのが精一杯。やっちゃえませんでした…。まだまだバリ男への道は遠いみたいです。
ちなみに、この唐辛子がネギと意外にマッチして美味しかった。途中で味変したいときにおススメです!

ありがとう、らーめんバリ男! 次はせめてイケメンに…。

■基本情報

店名:らーめん バリ男
住所:東京都港区西新橋1-21-1

アクセス:JR新橋駅日比谷口から徒歩7分、東京メトロ虎ノ門駅から徒歩5分
営業時間:(月~金)11:00~23:00、(土日祝)11:00~15:00、17:00~21:00
定休日:年中無休(年末年始除く)

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事