「らーめん バリ男」大門店!二郎系×豚骨でがっつりバリ男

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、大門・浜松町で二郎インスパイア系、「らーめん バリ男」大門店です。

■バリ男

ときどき、無性に食べたくなる二郎系…。
分かっちゃいるけどやめられない。二郎系には、メンズを引き付ける魔力があります。

今日訪れたのは、大門・浜松町にあるこちらのお店。
「らーめん バリ男」大門店です。

以前、新橋にある本店を訪問。その男気あるボリュームに圧倒されました。
その後、同店は順調に店舗網を拡大していました。

ここ大門店のほか、豊洲店や神楽坂店(FC)、大森店。
さらには、「二郎インスパイアを世界へ」の合言葉のもと、ハワイにも進出しています。

さて、そんな世界進出を果たしている「バリ男」の大門店。
券売機で「ラーメン」800円を購入して、カウンター席へ座ります。

店内には豚骨臭がただよいます。これがバリ男の特徴の一つ。
久留米ラーメンの手法で、開店当初から豚骨スープを継ぎ足してつくっているんです。
二郎系×久留米ラーメン。これは、こってりラーメン好きの男子にはたまらない組み合わせでしょう。

■実食です

お腹の虫が鳴いて食欲MAXになったところで、ラーメンが着丼です。
きたー!野菜マシにしたので、圧巻の山盛り丼姿。豚骨臭も空腹中枢を刺激します。

まずは、二郎系恒例の、山盛り野菜くずし。
茹でた野菜(もやし、キャベツ)を崩して、食べながら、その下に眠る麺を探り当てます。

麺は、三河屋製麺製の特注麺。
独特のコシとモシャモシャとした食感がたまりません。

そしてスープは、厳選した豚骨のみを大量に煮込んだ濃厚な豚骨スープ
久留米ラーメンの手法で、開店当初から豚骨スープを継ぎ足しながら守ってきたスープです。

この豚骨スープに、キレのある醤油と甘みのある背脂が融合。
バリ男でしか味わえない、濃厚で中毒性の高いこってりスープが出来上がります。

これがバリ男の「命」であるスープ…。麺も山盛り野菜もどんどん進んでいきます。
具材は、その野菜のほかに、特製ダレにつけ込んだ自家製のチャーシュー。がっつり好きのジロリアンも満足いく肉感です。

さらにがっつり行きたい方は、卓上のにんにくを投入しましょう。
さらに、特製唐華(唐辛子)もおススメです。辛みアップで、箸が加速していきます。

気づけば、あっという間の完食。これはきっと、ハワイにもジロリアンが増殖することでしょう…。
いずれ、「JIROKEI」がグローバルの共通言語になるかもしれませんね。

ありがとう、らーめんバリ男!

■基本情報

品名:らーめんバリ男 大門店
住所:東京都港区芝大門2-1-8 芝大門マンション1F
アクセス:大門駅から徒歩2分
営業時間:(平日)11:00-23:00 (土日祝)11:00-15:00、17:00-21:00
定休日:不定休

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事