盛岡市民のソウルフード「じゃじゃ麺」!元祖「白龍」本店

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、岩手盛岡の名物ラーメン「じゃじゃ麺」の名店、「白龍」(ぱいろん)です。

■白龍(ぱいろん)

城ぶら&ラーメン!
趣味の城めぐりをして、ご当地のラーメン店を訪れる…。大好きの二乗。これって最強なんです。

この日は、岩手が誇る名城「盛岡城」を城ぶら、そして岩手盛岡が誇るご当地ラーメン店へ。
それがこちら、「白龍」(ぱいろん)岩手盛岡名物「じゃじゃ麺」の元祖とされる名店です。

じゃじゃ麵とは、盛岡冷麺、わんこそばとともに「盛岡三大麺」に数えられる名物ラーメン。
特に、じゃじゃ麺は熱烈な地元愛好家がいて、「盛岡のソウルフード」とも言われたりします。

その発祥とされるのが、「白龍」(ぱいろん)です。
昭和20年代、「白龍」初代の高階貫勝さんが満州で食べた炸醤麺をもとに、アレンジを重ねて生み出したと言われています。

その特徴は、うどんのように感じられる独特の麵、そして特製の肉みそ。具材は胡瓜とネギが基本。
以前、駅近の店で初体験してハマった麺料理。今日は念願かなって、じゃじゃ麺発祥の「白龍」を訪問です。

■実食です

「白龍」本店は、この日訪れた盛岡城からほど近く、飲食店街にあります。
なんともレトロ感がただよう店構え…。さすがは元祖。さまざまな歴史が店に刻まれているんでしょうね。

さて、オーダーしたのはもちろん、ここが元祖!「じゃじゃ麺」中盛、610円です。
なんて良心的なの…。この辺りも、はじめは屋台から始めた店主の思いが継がれているみたい。

待つことしばらくして、やって来ました、盛岡のご当地麺「じゃじゃ麺」!
うどんのような麺に胡瓜、肉みそ!なんて個性的な丼姿なんでしょう…。

卓上の「じゃじゃ麺のおいしい食べ方」にしたがって、元祖のじゃじゃ麺をいただきます。
まずは、麺と肉みそを全体が混ざるまでかきまぜます。いい感じに混ざったら、ずずっと麺をすすります。

コクのあるみそと、モチモチの太麺!それに胡瓜のシャキシャキ感が加わります。
続いて、お好みのラー油・にんにく・しょうが・酢などを加え、さらにかき混ぜていただきます。

このさじ加減が愛好家のこだわりどころ。確かに、これはいろいろと試したくなります。
個人的には特製のラー油がおススメ。気づけば、みるみるうちに麺が少なくなっていきました。

ただ、じゃじゃ麺はこれで終わりではありません。。
食べ終わったら、丼に卵を割って溶いて、カウンターに出します。

すると、ゆで汁にみそが入って、〆の「ちいたんたん」がやって来ます。
この「ちいたんたん」が美味い…。汁なしのじゃじゃ麺に、「待ってました!」的な〆のスープで満足度上がること間違いなし。こちらもお好みの調味料を加えて、マイちいたんたんにできます。

さすがは、元祖の味!ブレない美味しさにあっという間の完食でした。
これ、何回も通ってオリジナルの食べ方を見つけたいですね。今日の夢中は、盛岡のソウルフード「じゃじゃ麺」でした!

ありがとう、白龍! ありがとう、じゃじゃ麺!

■基本情報

店名:白龍(ぱいろん) 本店
住所:岩手県盛岡市丸5-15
アクセス:JR盛岡駅から車で8分
営業時間:(月~土)9:00~21:00、(日曜)11:30~18:45
定休日:無し

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事