こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、田町にできた新店「麺屋武蔵 五輪洞」です。

■麵屋武蔵 五輪洞

「麵屋武蔵」。言わずと知れた超名店。
新宿の1号店は大行列をつくり、ラーメンブームの先駆けとなりましたね。

その「麵屋武蔵」がダブルブランドで手掛ける新店が、田町にできました。
それがこちら、2018年10月にオープンした「麵屋武蔵 五輪洞」です。

飽くなきチャレンジを続ける麵屋武蔵。
今回の新店は「鰹節」を大胆に導入。店内に回転式削り機を置き、削りたての鰹節をトッピングするラーメンです。

メニューは、ラーメンとつけ麺の2品。
今回は店名を冠した「五輪洞らー麺」を選択。1150円也。
並と大盛りが選べます。もちろん、大盛りで。

■実食です

店内は、さすが新店、きれいなカウンター席に真新しい装飾。武蔵が描かれています。

そんなこんなで待つことしばらくして、麵屋武蔵の新しいラーメンが着丼です。

おーっ、さすがは武蔵。王者の風格ただよう、力強い丼姿です。

どーんと載っている角煮に目を奪われます。
これもこの店の売りの一つ。味付けに黒酢を使用した特製「黒角煮」です。
たまらず食らいつきます。トロトロの食感に、ジュワーっと広がる肉汁に黒酢の香り。こりゃ絶品だわ…。

麺はモチモチ中太平打ち麺
これまた食感がたまりません。武蔵の麺ってなんでこんなに美味いんだろう。スープとの相性もばっちりです。

そのスープは、噂の鰹節風味の濃厚スープ
ほのかに甘みがあるのが、削りたての鰹節の風味なのかしら。
これは何杯でもいけそう。それほど、飽きの来ない和風味の濃厚醤油スープでした。

具材は、角煮のほかに、のり、味玉、ねぎ、メンマ。
具材一つ一つへのこだわりは、さすかは麺屋武蔵。この辺もきちんと弟子に伝授してるんでしょうね。

途中で卓上の「五輪辛味」を投入して味変!激辛に!
皆さん、入れ過ぎには注意しましょうね。

さすがは名店がつくる新メニュー。間違いない風格を感じました。
ありがとう、麵屋五輪洞!

■基本情報

店名:麵屋武蔵 五輪洞
住所:東京都港区芝5-29-1

アクセス:三田駅から3分
営業時間:11:00~15:00、17:00~22:00
定休日:日曜日

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事