大森「中華そば 結。」レンゲが進む長岡生姜インスパイア系

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、東京大森にある長岡生姜インスパイア系、「中華そば 結。」です。

■中華そば 結。

今日のラーメン探訪は、東京大田区の大森エリアへ
ここに、人気のラーメン新店があるということで、そちらに向かいます。

それが2020年10月にオープンしたこちら。
「中華そば 結。」です。

この店は、川崎の新丸子にある「麵や でこ」のセカンドブランドなんだそうです。
「麵や でこ」は煮干しラーメンがメインですが、こちら「中華そば 結。」のメインは生姜醤油ラーメン。

長岡醤油ラーメンの系譜を継ぐ、醤油ラーメンが評判とのこと。
そうなんです。この店が提供するのは、長岡生姜インスパイア系。生姜ラーメン好きにはたまらない店がオープンしました。

事前食券制です。ここはもちろん、「醤油ラーメン」900円をオーダー。
1席だけ空いていたカウンター席に座って、しばし待ちます。

カウンターはL字型。客層は男子多めですが、女性もちらほら。
厨房でテキパキと調理が進んでいくさまを見ていると、期待が高まります。

■実食です

待つことしばらくして、やって来ました、「中華そば 結。」の醤油ラーメン
ビューティホー…。テキパキ調理に励む店主の思いのこもった一杯です。

まずは、漆黒のスープにレンゲを投入。グビリとひと口すすります。
すると、口の中に広がる生姜の香り…。醤油だしのパンチが効いています。

さらに動物系のコクもしっかり効いています。それぞれ個性強めながらも調和がとれているのは、生姜の存在が大きい。
これが、長岡生姜インスパイア系か…。レンゲ・リピートが始まります

そんなスープと合わせる麺は、平打ちの縮れ麺。中太です。
スープとよく絡んで、生姜の香りもろとも麺をすすり上げられます。モチモチの食感もたまりません。

具材は、チャーシュー、めんま、ネギ、ほうれん草、なると、のり。
ほろほろのチャーシューが口の中で溶けていきます。これも醤油スープとよく合います。

そして気づけば、丼はきれいに空っぽ。スープも残さず平らげました。
人気が出るのも分かるなぁ…。丁寧に作り上げられた醤油ラーメン。レンゲが進む長岡生姜インスパイア系、「中華そば 結。」でした。

ありがとう、「中華そば 結。」!

■基本情報

店名:中華そば 結。
住所:東京都大田区大森北1-26-5 浅野ビル 1F
アクセス:JR大森駅から徒歩6分
営業時間:(平日)11:30~15:00、17:30~22:00 (土曜)11:00~15:30、17:30~22:00 (日曜)11:00~15:30、17:30~21:00
定休日:不定休

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事