「ラーメン育元」吉見店!埼玉吉見でマイルド豚骨な久留米ラーメン

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、「ラーメン育元」吉見店!埼玉吉見でマイルド豚骨な久留米ラーメン
「夢中図書館 ラーメン館」でがっつり実食レポート!食べた感想や写真、店舗情報などを紹介します。

■ラーメン育元

今日のラーメンは、埼玉県比企郡吉見町へ。
この町に来た理由は、城ぶら&ラーメン…。趣味にしている城めぐりの旅と、大好きなラーメン。このコラボにハマってるんです。

吉見町のある埼玉中部の比企郡エリアは、知る人ぞ知る史跡が結構あるんですよね…。
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に登場する武将がこの辺りを治めていました。

そんな城ぶらで訪れた吉見町。城めぐりの道すがら出会ったのが、こちらのお店でした。
「ラーメン育元 吉見店」。駐車場完備の一軒家スタイルのラーメン店です。

休日の昼前に訪れましたが、広い店内も8割がた埋まっている感じ。
事前食券制です。店の前にもどーんと掲示していましたが、「久留米ラーメン」と「煮干ラーメン」が2大メニュー。

他にも「熊本ラーメン」がありましたが、後で調べたら、比企郡滑川町にある本店は熊本ラーメンの店でした。
店の推しの「久留米ラーメン」を選択。690円はありがたいな…。

■実食です

待つことしばらくして、やって来ました、「ラーメン育元」の久留米ラーメン
食欲をそそる豚骨の香りと丼姿…。白濁したスープにきくらげ、ネギ…。九州豚骨のビューティフルな丼姿です。

スープにレンゲを投入すると、白濁した豚骨スープと脂が流れ込んできます。
それを口に運んでごくり…。豚骨のかぐわしい風味が口のなかに広がります。でも豚骨の独特な臭みがないのでこれは飲みやすい。

マイルドな豚骨スープ、ほのかに甘みがあります。スープの余韻を楽しみながら、麺へ箸を投入。
麺は、九州豚骨王道の極細、少し硬めの茹で加減。豚骨の香りとともに、一気にすすり上げます。

噛むほどに小麦の風味が広がっていきます。これ、豚骨とベストマッチなんですよね。
具材は、チャーシュー、ネギ、キクラゲ。キクラゲのコリコリした食感も九州豚骨にベストマッチです。

卓上には、紅しょうがと激辛注意と書かれた辛子高菜
辛子高菜は結構辛いので、少しずつ加えながら味変するのがいいでしょう。

そしてやっぱり「替え玉」をオーダー。辛子高菜でスープを味変したら、食欲が再び増しました。
気づけば、あっという間の完食。スープもきれいに平らげることができました。

なんだか、すごく落ち着いて食べられる久留米ラーメンでした。
埼玉吉見という町の雰囲気もひと役買ってるのかも。本店の熊本ラーメンも行ってみたいな…。

ありがとう、ラーメン育元吉見店! ありがとう、久留米ラーメン!

■基本情報

店名:ラーメン育元(らーめんいくげん) 吉見店
住所:埼玉県比企郡吉見町北吉見1346−1
アクセス:東松山駅から徒歩30分または車
営業時間:(水木金)11:00~14:00、17:00~21:15 (土日祝)11:00~14:30、17:00~21:15
定休日:月曜日・火曜日

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事