濃厚魚介の元祖「六厘舎」東京駅!さらに進化を続ける伝説のつけ麺

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、東京駅で伝説のつけめん、東京ラーメンストリート「六厘舎」です。

■六厘舎

伝説のつけめん店「六厘舎」
濃厚スープに超極太麺というスタイルを築き上げて、その名を轟かせました。

その人気ぶりは、長い行列が近隣の迷惑となったため本店を閉じるという伝説までつくりました。
そんな人気のつけめんが東京駅で食べられます

場所は、東京駅一番街地下1階にある「東京ラーメンストリート」
人気の店が軒を連ねる駅チカのラーメン店街。その一画に「六厘舎」があります。

伝説のつけめんが東京の玄関口で食べられるのは嬉しい…。
人気店なので行列ができていますが、我慢我慢。行列のせいで東京駅店が閉じるようなことにならないように、行儀よく待ちます。

事前食券制です。この日選んだのは、やっぱり王道の「つけ麺」。大盛りで。
行列が次第に進んで店内へ。着席すると程なくして、つけ麺が着丼となりました。

■実食です

ビューティホー…。これが、六厘舎の「つけ麺」@東京ラーメンストリート。
麺を丁寧に盛りつけた丼姿に、店の変わらぬつけ麺愛を感じます。

まずは、丼の中に箸を入れて、麺のみをいただきます。
ツルツルっとした食感、口の中に広がる小麦の風味力強いコシを楽しめます。

たまらず、スープに麺を投入、ズズっと一気にすすり上げます。
すると、一気に口の中が魚介の香りに包まれました。

全国のつけ麺ブームに火をつけた超濃厚スープ。大量の食材を膨大な時間をかけて煮込み作られています。
これが好きで皆通うんですよね…。実は六厘舎は、開業当初から少しずつ味変えや製法などに工夫を加え、日々進化を遂げているのだそう。あくなき探求心、さすがです。

具材は、ネギ、のり、なると、チャーシュー、めんま。
どれも濃厚スープと抜群相性です。個人的にはネギの辛みが大好き。魚介の風味を一時リフレッシュして、さらに箸が加速します。

途中で、卓上の特製焙煎七味(黒)とゆず粉で味変。特に「ゆず粉」はおススメです。
最後は、残ったスープに、魚出汁に柚子を加えた割汁を入れて「スープ割り」で〆

さすが、伝説のつけ麺「六厘舎」。その味は変わらず…どころか、日々進化を遂げています。
日本にラーメンあり、東京駅に六厘舎あり。これは、また行列に並んじゃいそうだ…。

ありがとう、六厘舎! ありがとう、伝説のつけ麺!

■基本情報

店名:六厘舎
場所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街B1F 東京ラーメンストリート内
アクセス:東京駅八重洲口B1F
営業時間:7:30~9:45、10:00~23:00
定休日:年中無休

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事